リンゴジャム


2011年11月1日(火)
TBSテレビ
はなまるマーケット

とくまるレシピ

~リンゴ~

東京・霞が関駅構内には、カットされたフレッシュなリンゴが、自動販売機で売られている。ってご存知でしたか?バナナの自動販売機があることは、知っていましたが、りんごまでとは、知りませんでした\(◎o◎)/!

コレステロールを抑制してくれたり、疲労回復、脂肪吸収の抑制してくれるなど、本当に体おもいの果物ですね(^_-)-☆ 私は、酸味と固さのバランスがいい「ふじ」を皮ごと食べるのが、大好きです(*^。^*) 

子供のころはミカンが大好きでしたが、おとなになってからは、リンゴが好きになりました!お通じにもいい影響がありますからねぇ~♪

リンゴ本来のキレイな色のジャムを青森県弘前市フランス食堂「シェ・モア」さんが、作り方をはなまるマーケットでは紹介していました。ふじを使っていましたが、私は買い置きの紅玉を使って、早速、作ってみました。

甘さがくどくない、香りのよいジャムが出来上がりました。今朝は、ヨーグルトにトッピングしていただきましたぁ\(^o^)/  さわやか~

【リンゴジャム】レシピ

<材料> 写真上の瓶2つ分出来ました

リンゴ(放送:ふじ)・・・3個(私は紅玉を使用)
砂糖・・・80g
白ワイン・・・100cc
レモン汁・・・1/3個分

【リンゴジャム】の作り方も、続きに書きました。
  ↓  ↓

<作り方> 写真:紅玉を使用

1.リンゴは芯を抜いて8等分に切りお鍋に入れます。
※均等に火が回るようにリンゴは同じ大きさにするのが重要です

2.砂糖、白ワイン、レモン汁をお鍋に入れます。

※色が変わってくる前に火を入れるのがポイント

3.火をつけ(中火)煮立ってきたら弱火にして、フタをし10分ほど煮ます。
途中でアクを取ります。

※リンゴの皮を下向きにして水分の方に浸すことでリンゴの色素がワインの方に溶け出し、美味しくなりと香りも出てきます
※アクを取るのもキレイに仕上げるポイント


4.10分蒸したら水分を飛ばすためフタを外し、20分を目安にリンゴを潰していきます。
粗熱をとって【リンゴジャム】の完成

●皮が少し残りましたが、薄切りしなくとも、潰れて大丈夫でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ