「2009年9月13日」の記事一覧

中華風オムライス

cyukaomlet2009年9月9日(水)
フジテレビ

スパイスTV どーも☆キニナル!
キッチンdeSHOW

「スーツァンレストラン陳」菰田欣也オーナーシェフレシピ

「エビチリ味のオムライス」どんな味?と気になるレシピを紹介していました。見た感じは、洋風オムライスですが、食べたらホント中華風!!「美味しい(⌒~⌒)」と好評でした★★★

【中華風オムライス】レシピ


<材料> 
2人分


(エビチリ風味のライス)

えび…150g
酒…小さじ1/2
片栗粉…大さじ1
サラダ油…小さじ1

しょうが…小さじ1(みじん切り)
長ねぎ…大さじ4(みじん切り)
温かいご飯…300g
グリーンピース…35g

(A)
豆板醤…小さじ1/3
ケチャップ…大さじ3
サラダ油…小さじ1
鶏がらスープ…100cc
酒…大さじ1
砂糖…小さじ1
塩…適量
こしょう…適量

(トッピング用)
ケチャップ…大さじ3

(オムレツ)
溶き卵…4個分
片栗粉…小さじ2/3
牛乳…大さじ2

ごま油…小さじ2

香菜…適量

<作り方>

*エビチリ風味のライスを作る*
1.フライパンに(A)の豆板醤(小1/3)、ケチャップ(大3)、サラダ油(小1)を入れて炒めます。

2.1に(A)の鶏がらスープ(100cc)、酒(大1)、砂糖(小1)、塩、こしょう(各適量)を加えて混ぜ、器に移します。

cyukaomlet13.トッピング用に2のソースから大さじ3を別器に移し、ケチャップ(大3)を加え入れて混ぜ合わせておきます。

(写真右:左側がライス用。右側がトッピング用)
※ケチャップを加えてうま味を重ねたソースに!

4.えび(150g)に塩、こしょう(分量外)、酒(小1/2)を入れて揉み込み、下味が入ったら片栗粉(大1)を加えて混ぜ、さらにサラダ油(小1)を加えて混ぜます。

5.フライパンに4を入れて、約1分炒めるます。
※えびに油をまぶしてあるので、フライパンに油は入れない

6.みじん切りしたしょうが(小1)、長ねぎ(大4)を加えて香りが出たら、ご飯(300g)、グリーンピース(35g)、2の(A)の合わせ調味料の順番で加え炒めます。
※ソースが多めで、しっとりした感じに、卵と合わせやすい


*仕上げる*

7.ボウルに片栗粉(小2/3)と牛乳(大2)を混ぜ合わせたものを溶き卵(4個分)と混ぜ合わせ、塩、こしょう(分量外)を入れて混ぜ合わせます。
2人分なので、2つに分けておきます。
※卵に片栗粉を加えることで、破れにくくなる。さらに、牛乳でふんわり美味しく!

(1人分ずつ作る)
8.別のフライパンにごま油(小1)を熱し、7の卵を軽く混ぜながら焼き、半熟のまま火からはずし、6のご飯(半量)をのせて、加熱しながら包みます。

9.器に盛って、3のトッピング用ソースをかけ、香菜(適量)を添えて完成!

 

ご飯と合わせるケチャップのソースが、多めでサラサラです。ご飯が、「シャバシャバ」して不安になりましたが、菰田先生も「大丈夫!」と言うように、しっとりした感じが、食べた時に玉子と合って、とても美味しかったです!!

鳥はむ

toriham2009年8月26日(水)
TBSテレビ
はなまるマーケット
 
とくまるレシピ

~しってとくまるグランプリ2009~

マル得ワザの頂点!2006年初代大賞の「鳥はむ」のレシピをアンコール放送していました。大絶賛の「鳥はむ」を作って食べてみて納得!!「鶏のむね肉」とは思えないほど、すっごい「しっとり」してて驚きました\(◎o◎)/

【鳥はむ】レシピ

<材料> 4人分

鶏むね肉・・・1枚

砂糖・・・大さじ1
塩・・・大さじ1
コショウ・・・少々toriham1

<作り方>

1.鶏むね肉の両面に、砂糖をまんべんなくぬる。 次に塩、コショウを両面にすり込む。

toriham2
2.1の鶏むね肉を密閉袋に入れ、空気をしっかりと抜いて、1~2日ほど冷蔵庫で保存。
※真空に近い状態にするのがポイント

toriham33.1~2日ほど経った鶏むね肉を袋から出し、水につけ、30分ほど塩抜きする。 (写真:右)

4.沸騰した湯に、塩抜きをした鶏むね肉を入れ、弱火で煮る。(約5~6分)

5.火を止め、フタをして、そのまま半日程度漬けておけば完成!
※夏場は室温が高いので冷蔵庫に置くようにしてください

そのままでも、冷やし中華やバンバンジー、クラゲと和え物にもいいし、「お酒のつまみ」にもなるので、とってもおすすめです★★★

楽々!料理ワザ部門(同日放送の他レシピ)
★5分であめ色タマネギの超裏ワザ!⇒ 【オニオンスープ】レシピ
★簡単70%オフ!油を吸わないナスの裏ワザ!⇒ 【ナス寿司】レシピ

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ