「2009年9月6日」の記事一覧

鶏肉丼

torinikudon2009年9月5日(土)
フジテレビ
バニラ気分
マツケンレシピ

【鶏肉丼】

ゲスト:紺野まひるさん 京野ことみさん

桃をデザートでなく、すり潰して鶏肉に漬けこむ!驚きのレシピです。とても香りがいいです。加熱後は・・・

【マツケン流 鶏肉丼】レシピ

<材料> 4人前

鶏モモ肉…2枚
塩…小さじ1/4
こしょう…小さじ1/4
桃…1個
ハチミツ…小さじ2
レモン汁…小さじ2
オリーブオイル…適量

(三色ご飯)
ご飯…お茶碗4杯分
 卵…4個
 塩…小さじ1/4
 こしょう…小さじ1/4
 砂糖…小さじ1/4
 ほんだし…小さじ1
 水溶き片栗粉…小さじ2

 万能ねぎ…1/2束
 塩…少々
 ゴマ油…小さじ1
 ごま…小さじ1

 しば漬け…80g

(追加のタレ)
みりん…適量
しょう油… 適量
酒… 適量
にんにく… 適量
チキンブイヨン… 適量

韓国のり…適量

<作り方>
 
1.鶏肉の皮に穴を開け、身に切れ目を入れる。塩、こしょうをふる 
※味が染み込みやすくなり皮も縮まらないtorinikudon2

2.桃を擦り、鶏肉に漬ける
※桃でほんのり甘いソース作り!

3.鶏肉にハチミツ、レモン汁を加える
※レモン汁で色落ちを抑え、ハチミツで甘味をプラス

4.フライパンにオリーブオイルをひき、鶏肉を皮目から押さえつけながら焼く
※皮からじっくり時間をかけて焼くことで肉が柔らかくなりジューシーに!皮もパリパリに!
    
5.皮に焼き色が付いたらひっくり返し、蓋をする

6.三色ご飯作り
卵に塩、こしょう、砂糖、ほんだし、水溶き片栗粉を入れ、混ぜる
※水溶き片栗粉を入れることで鮮やかな色になりふんわりとした食感に! 

7.卵をフライパンで炒める
※3つのお箸を使うことで卵がよく混ざり細かく綺麗な仕上がりに!

8.万能ねぎと塩、ゴマ油、ごまを混ぜる 

9.ご飯を丼に盛り、7の炒り卵、8のねぎ塩、しば漬けを盛り付ける

10.鶏肉をフライパンから取り出し、1口大に切って三食ご飯の上に盛る 

11.鶏肉を焼いたフライパンにみりん、しょう油、酒、にんにく、チキンブイヨンを加え一煮立ちさせて、鶏肉にかけて、刻んだ韓国のりを乗せて完成
※フライパンに残った鶏肉の旨味を残さず使う

加熱後は、桃やレモンのいい香りが消えてしまいました。焦がしたからかなぁ~。ハチミツを使っているので皆さん、火加減にお気をつけ下さいませ★★★

マーボー豆腐

doimabo2009年9月4日(金)
テレビ朝日

おかずのクッキング

~麻婆豆腐~

マーボー豆腐は、「炒め料理でなく煮込み料理です」と強調する土井先生。ポイントは、弱火で4~5分かけて豆腐にじっくり味をしみこませること!↓  ↓

【マーボー豆腐】レシピ

<材料> 4人分

絹ごし豆腐(さいの目に切る)・・・1と1/2丁
  ※木綿豆腐でもよい。お好みで
豚ひき肉・・・180g
長ねぎ(みじん切り)・・・70g
生姜(みじん切り)・・・20g
にんにく(みじん切り)・・・2片分

赤だし味噌・・・65g
豆板醤・・・大さじ1/2~1
砂糖・・・大さじ2
日本酒・・・1/4カップ
水・・・1カップ
粉山椒・・・小さじ1 1/2
片栗粉・・・大さじ1
(水・・・大さじ2)
サラダ油・・・大さじ2
ごま油・・・大さじ1

<作り方>

1.フライパンにサラダ油を入れ、生姜とニンニクを炒めて香りが出てきたら、豚ひき肉を炒める
※ポロポロになるまで完全に火を通すことで、味がすっきりする

2.豆板醤を加え炒りつける
※豆板醤は深い赤色になるまで炒りつけて味を落ち着かせる

3.赤だし味噌を加え、砂糖、日本酒を加える
※赤だし味噌でコクを出す

4.3に水、豆腐、長ねぎを加えて、弱火で4~5分じっくりと煮込む

5.水溶き片栗粉でとろみをつけて、ごま油、お好みで粉山椒を加えて下さい

赤だし味噌が入ることで、ご飯にも合うとっても美味しいマーボー豆腐です(⌒~⌒)

ハーブチキン

herbchicken2009年9月3日(木)
日テレ

スッキリ!!
はるみキッチン

ハーブの香りが爽やかな、ごはんに合うおかず「ハーブチキン」を紹介していました。玄米ごはんでよりヘルシーな仕上がりです!

【ハーブチキン】栗原はるみさんレシピ

<材料> 4人分

鶏もも肉…2枚

玉ねぎ…1/2個
にんにくのみじん切り…大さじ1
赤ワイン…1/4カップ
しょうゆ…1/4カップ
バジル…2~3枝
ローズマリー…2~3枝

ピーマン(緑・赤)…各3個
オリーブ油…大さじ2

玄米ごはん

<作り方>

1.鶏肉はから揚げ位の大きさを目安に切る。

herbchicken22.玉ねぎ、にんにくは細かいみじん切りにし、赤ワイン・しょうゆと合わせてマリネ液を作る
※細かいみじん切りでソースと一体感を

3.鶏肉にマリネ液をからめ、ローズマリー、バジルを加えて15分くらい置く。

4.ピーマンはそれぞれ縦半分に切って種を取り、さらに2等分にする。

5.フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、ピーマンを入れてさっと軽く焦げ目がつく程度に炒めて取り出す。

6.フライパンにオリーブ油大さじ1を足し、汁気をきった鶏肉を入れ焼きつけるように炒める。
※チキンの表面を強火で一気にパリッと焼く!(表パリッ、中ジューシー)

7 残ったマリネ液をハーブごと加え、手早く炒め合わせる。ハーブは途中で取り除きピーマンを入れ合わせる。玄米ごはんを器に盛り、ハーブチキンを乗せて完成!
※鶏肉を漬け込んだマリネ液はチキンに火が通ってから入れる

実は・・・倍の30分も漬けこんでしまい、鶏肉がすっかり「ワイン色」に染まりました。その上、全体的にフライパンが熱過ぎたようで、ちょっと「黒い仕上がり」になってしまいました(T_T) 

香りや鶏肉のやわらかさ、味は、バッチリで美味しかったですが、はるみキッチンの放送では、もう少し「清涼感」「透明感」のあるお料理でしたので!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ