「2009年6月29日」の記事一覧

ウチゴハン ぷりぷり食感!スパイシーえびマヨ【おかず】

ebimayo2009年6月28日(日)
テレビ朝日

笑顔がごちそう ウチゴハン

ゲスト:小泉 孝太郎さん

~ぷりぷり食感!スパイシーえびマヨ~

隠し味に「カレー粉」を使って、ピリっとスパイシー!これは美味しかったです(⌒~⌒) エビが小さく、ソースもからまって、見た目がちょっと何か分からないかと思いますが、エビでアスパラガスを巻いてます。途中経過を画像付けてレシピをアップしてますので、ぜひお試しくださ~い★★★

【ぷりぷり食感!スパイシーえびマヨ】レシピ

<材料> 4人分

エビ…24尾                (ソース用)
酒…大さじ4                  サラダ油…大さじ2
塩、重曹…少々              ざく切りトマト…2個
片栗粉…少々                鶏がらスープの素…少々
カレー粉…少々              カレー粉…小さじ1
                                   塩…少々
アスパラガス…6本         マヨネーズ…140g
                       
片栗粉…適量             (仕上げ用)
サラダ油…適量              茹でたアスパラガス 2本
カレー粉…小さじ1
塩…少々

<作り方>

1.エビの殻をとって、開いたエビに、酒、塩、重曹を加え揉みこみ、キッチンペーパーで水気を切る。ebimayo1

2.カレー粉をフライパンで煎って、分ける
  ・下味用(少々)
  ・揚げた後まぶす用(小さじ1)
  ・ソース用(小さじ1)

 ※煎ることで、香ばしい風味と味わいが際立つ!


3.1に2の下味用のカレー粉と塩、片栗粉でエビに下味をつける。
  エビの幅と同じくらいに切ったアスパラガスを巻くebimayo2ebimayo3

 

 

 

4.エビ全体に片栗粉をまぶし、握るように形を整え、揚げる。揚がったエビをボウルに入れ、カレー粉(揚げた後にまぶす用)と塩をまぶす。

5.フライパンにサラダ油をひき、ざく切りのトマトを炒め、鶏がらスープの素、ソース用のカレー粉、塩を加えて、火を止めてからマヨネーズを加える
 ※フレッシュトマトを使うと、みずみずしいソースに仕上がる!

6.5のソースに4のエビを加え、さっと絡めたら皿に盛りつけ、仕上げに、茹でたアスパラガスを小口切りにして、散らして完成!

仕上げのアスパラガスを散らすことは、茹でることもひと手間かかるし、エビからアスパラが見えるので、無くてもいいかなぁと思います。

ちなみに、エビに巻くアスパラガは、揚げるので生のままで大丈夫で~す!

びわのコンポート&種で杏仁豆腐?!【スイーツ】

biwacompote&jelly
びわの美味しい季節がやってきましたね(^_-)-☆嬉しいことに丁度、いただいたので、【びわのコンポート】を作って【びわの種で杏仁豆腐】の上にトッピング。冷たいデザートに仕上げました~

【びわのコンポート】レシピ

<材料> オリジナルです

びわ・・・5~10個 くらい(容器に合わせて)

白ワイン・・・200cc  (やや辛口を使用)
グラニュー糖・・・大さじ2(25gくらい)
水 ・・・200cc 
レモン汁・・・1/2個分
蜂蜜・・・大さじ1

<作り方>

1.びわの皮を剥き、2~4つ割りにして種と種の周りの渋皮を取り除く
  ※種を捨てずに、後で杏仁豆腐につかいましょう

2.ホウロウ鍋(または耐熱性ガラス鍋)に 白ワイン・水・グラニュー糖を入れて火に掛け ひと煮立ちさせる

3.2が煮立ちだしたら、1のびわとレモン汁を加え、弱めの中火で数分間煮るbiwacompote

4.火を止める直前に 蜂蜜を加えてひとまぜ。火を止めて粗熱を取った後、 瓶など保存容器に入れて、冷蔵庫で1日おいて味をなじませて出来上がり~!

びわの糖度や甘めが好みの場合は、グラニュー糖で調節して下さい。そのままでも、ヨーグルトやアイスと一緒に食べても美味しいです(⌒~⌒) 

びわの種をすりおろすと、「杏仁豆腐のような匂いがする」というので、びわの種を使って、デザートを★★★上の写真・左の白い杏仁豆腐のようなスイーツです。びわのコンポートをトッピングして仕上げてみました。

びわの種を使った杏仁豆腐のレシピは、続きに書きました
 ↓  ↓

(さらに…)

サブコンテンツ

このページの先頭へ