林流!本格ピラフ

pilaf-miyaneya2010年10月12日(火)
日テレ
ミヤネヤ

愛のスパルタ料理塾
 ~本格ピラフ~

 フライパンで炊きこむタイプの本格的な美味しいピラフを作って、ご家族に食べさせたい!という奥様からのご相談に、林先生が今回も沢山のポイントを伝授・紹介していました。

フライパンで炊きこむと、今まではパサパサでお米の芯が残りやすかったのですが、「炊き込みと蒸す時間を同じに」  というポイントも守ったら、しっとりとした芯の残らないピラフが出来ました!

メインで、失敗は許されないので、美味しいピラフに仕上がって良かったぁ~★★★

市販のブイヨンに野菜の皮やへたを加えたスープで炊きこむところもポイントです!魚介のうまみも加わって、とっても美味しい味に(⌒~⌒)

その、林流!魚介の旨みたっぷりの 【本格ピラフ】 のレシピ・作り方を続きに書きました。
 ↓  ↓

林流!魚介の旨みたっぷりの 【本格ピラフ】 レシピ
 
<材料>  4人分
 
エビ・・・4尾pilaf-miyaneya1
  塩・片栗粉・水・・・適量
イカ・・・1杯
アサリ・・・8~12粒
タマネギ・・・1/2個(みじん切り)
ニンジン・・・30g(みじん切り)
ピーマン・・・1個 (みじん切り)
ニンニク・・・1/2片(みじん切り)
ベーコン(厚め)・・・25g(5mmの棒状)
  ●薄いベーコンを使用しました

洗い米・・・1.5カップ
ブイヨン・・・1.5カップ

白ワイン・・・50cc
無塩バター・・・30g
塩・・・適量
こしょう(白) ・・・適量pilaf-miyaneya2
オリーブ油(ピュア)・・・適量

パセリ(みじん切り)・・・適量

<作り方>
●お米は洗って、よく水気を切っておきます

*材料の準備*
1.エビは殻をむき背ワタを取り除き、塩・片栗粉・水でよく揉み込み汚れを取り除きます。pilaf-miyaneya3

2.イカは皮をむき、胴体は開いて斜めに切り込みを入れて棒状に切る(幅1cm長さ5~6cm)。頭の部分(三角形の)は、1番先のかたいところは切り落とす(写真右)。切り込みを入れて棒状に切る。足は、足先1cmくらいは切り落とし、吸盤は取り除きます(写真右)。長さを半分に切る。
pilaf-miyaneya4
*ブイヨンを作る*
3.鍋に水・ブイヨンを入れて火にかけ、野菜のへた・皮などを入れてしばらく煮る。
(放送:タマネギ、ニンジンの皮・パセリの茎を使用。私はセロリを追加で)
※市販のブイヨンに野菜の皮・ヘタなどと一緒に煮込むことで、インスタント臭さを取る。

*炒める*
4.フライパン(直径26cm)にオリーブ油を熱してバターを加え、洗い米を加えて炒め、半透明になったら一度取り出す。

5.同じフライパンをさっとふき、オリーブ油を熱してバターを加え、タマネギ・ニンジン・ピーマンを炒め、ニンニク・ベーコンも加え炒める。

6.1のエビ、2のイカに塩・こしょうをふって下味をつけたら、5のフライパンに加え、具材が温まったら白ワインを加え風味をつける。

7.さらに、4の米を戻し入れて(写真下左)、さっと混ぜ、塩・こしょうをし、3のブイヨンを漉して加える(写真下右)。
pilaf-miyaneya5pilaf-miyaneya6

※国産米でピラフを作る場合は、お米:ブイヨンの割合は、「1:1」

pilaf-miyaneya78.手早くかき混ぜて沸騰したら、アサリを入れてフタをし、弱火にして約15分炊く(写真右)。

9.火を止めて15分蒸らして、鍋のご飯を上下に入れ替えなじませてからパセリを散らして仕上げる。
※炊き上げる時間と火を止めて蒸らす時間を一緒にする

●我が家は炊きに長めの22分かかったので、蒸らしも22分待ちました

サブコンテンツ

このページの先頭へ