カルボナーラ


2011年11月8日(火)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 ~カルボナーラ~

「ご主人が、完食してくれる美味しいカルボナーラを作りたい」という奥様からのご相談に、ミヤネヤお馴染み林先生が、ダマにならず失敗知らずのカルボナーラの作り方を紹介してくれました。

元々のカルボナーラは「炭焼き風」、焦がしたタマネギを炭に見立てたという説があるそうです。なので、タマネギを焦がしてトッピングするという作り方で、見た感じ新鮮です。

また、よりおいしく作るため、パルメザンチーズは粉末でなく塊をおろして使うこと。味やコクを出すために、生クリームは動物性を使用することがおすすめ!とのことでした。

が!生クリームはウチにあった植物性のもの。チーズも粉末を使っちゃいました(^_^;) 2人分で卵の量も悩みました。結局、全卵1個を使ったので、本来通りの味ではありませんが、とっても美味しい~~~(*^。^*) 

卵液をはじめに合わせておく作り方だから、失敗なしです!シャバシャバにならずに、ボソボソでもなくクリーミーで丁度いい感じでした♪

トッピングのタマネギは、苦くて甘い、味のアクセントに。個人的には、黒くなる手前くらいが美味しいかなぁ~とも思いました。

【カルボナーラ】レシピ

<材料> 4人分 

スパゲッティ(1.8mm)・・・160g 
 岩塩・・・大さじ3(お湯1リットルに対して、塩10gが目安)

(ソース)
 全卵・・・1個  
 卵黄・・・1個分 
 生クリーム(動物性)・・・100g
 パルメザンチーズ(おろす)・・・大さじ4
 塩・コショウ(白)・・・各適量 

ベーコン・・・80g  
玉ネギ・・・1/4個  
牛乳・・・50cc  
サラダ油・・・適量

(トッピング)
 パルメザンチーズ(おろす)・黒コショウ(粗挽き)・・・各少々
 オリーブオイル・・・適量

【カルボナーラ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓

<作り方> 写真:2人分

*ソースを作る*
1.ボウルに卵(1個)と卵黄(1個分)を入れ、卵白を切るようにしっかりと溶き、生クリーム(動物性 100g)を加えます。

そこに、おろしたパルメザンチーズ(大さじ4)を入れ、よく混ぜ合わせ塩・白コショウ(各適量)を加え、混ぜ合わせておきます。

※火を使わずソースを作ることで、ダマになるのを防げます

*材料の下処理*
2.玉ネギ(1/4個)をスライスし、ベーコン(80g)は、燻製の部分(濃い茶色の部分)を薄く切り落とし、棒状に切ります。

※ベーコンの皮の部分を削ることで、燻製(くんせい)の匂いがやわらぎ食感が良くなる。

*具材を炒める*
3.油をひいたフライパンで、スライスした玉ネギを黒くなるまで強火で炒めます。黒くなったらザルにあげて、油を切ります。

同じフライパンにベーコンを入れ少し弱めの火で炒め、表面がカリッと仕上がったらザルにあげて油を切ります。

※味ベーコンを泳がせるくらいたっぷりの油で炒めることで、カリッと仕上がる。

*スパゲッティを茹でる*
4.たっぷりのお湯(約3リットル)に岩塩(大さじ3)を加え、スパゲッティ(160g)を表示時間より1分短めに茹でます。



*仕上げる*

5.4で茹でたスパゲッティを1のボウル入れて、手早くソースと絡め、3の炒めたベーコンを加えて混ぜ合わせます。


6.フライパンに牛乳(50cc)を入れ、牛乳が沸いたら5のスパゲッティを入れ温めます。

※牛乳を入れることで、パサつきを防ぎ、クリーミーに仕上がります!

7.器に盛り付け、フライパンに残ったソースをかけます。

3の炒めた玉ネギ、おろしたパルメザンチーズをのせ、黒コショウ(少々)、オリーブオイル(適量)をトッピングして【カルボナーラ】の出来上がり

サブコンテンツ

このページの先頭へ