キャベツのバーニャカウダパスタ

bagnacauda-pasta2010年7月1日(木)
日テレ

スッキリ!!
はるみキッチン

今回は、シャキシャキのキャベツだけのパスタですが、生クリームの濃厚なソースが大満足の「バーニャカウダパスタ」を紹介してくれました。

あっという間に出来るレシピ!とは本当でした。ウチにある食材だったので、即作って食べてみました!トッピングのパルメザンチーズは不要なほど濃厚で、アンチョビの塩気がいいクリームソースパスタで美味しかったで~す★★★bagnacauda-pasta1

この栗原はるみ先生の「バーニャカウダソース」(写真右)は、野菜につけたり、グラタンやピザにも使えます。冷蔵(冷凍)保存可能なので重宝なソースです!

栗原はるみ先生の【キャベツのバーニャカウダパスタ】のレシピ・作り方は、続きに書きました
 ↓ ↓

栗原はるみ先生の【キャベツのバーニャカウダパスタ】レシピ

<材料>  2~3人分  

(バーニャカウダソース)
アンチョビ(フィレ)…大きめ4切(約18g)
にんにく…小さじ1
オリーブ油…大さじ2
生クリーム…1パック
塩・こしょう…各少々
コーンスターチ・水…各小さじ1強

(パスタ・具材)
キャベツ…3~4枚(300g)
パスタ…200g
オリーブ油…大さじ2

<作り方>bagnacauda-pasta2

*バーニャカウダソース作り*
1.にんにくを細かいみじん切りにし、アンチョビは刻んでから細かく叩く(写真右)。
※アンチョビは刻んでから細かく叩くことで、ソースにした時に舌触りがなめらかです

2.小鍋にオリーブ油を熱し、にんにくを加え焦がさないように炒めて香りを出す。
香りが出たらアンチョビを加えて炒める。
※オリーブ油は旨みのソースになるので多めです

3.2の小鍋に生クリームを加え塩・こしょうで味を調える。
※たっぷりの生クリームで、アンチョビのクセが抑えられ、濃厚ソースがパスタに絡みやすい

4.3のソースが温まったら、コーンスターチを水で溶いたものを加えとろみをつける。
※コーンスターチを入れることで、とろみが簡単につきキャベツとパスタに絡みやすくなるんです!!

*パスタ仕上げ*
5.鍋に湯を沸かし袋表示の1分少なめでパスタを茹でる。キャベツは大きめのざく切りにする。

6.フライパンにオリーブ油を入れ熱し、キャベツを加えてさっと炒め、軽く焦げ目がついたら4のバーニャカウダソースを加える。

7.茹でて水気を切ったパスタを入れて、全体にソースと絡める。
器に盛り付けてパルメザンチーズ、黒コショウをかけたら完成!

サブコンテンツ

このページの先頭へ