さつま揚げ3種

satumaage2010年10月15日(金)
日テレ

スッキリ!!
はるみキッチン

今回はアツアツの自家製【さつま揚げ】を1つのタネから3種類!も作り方を栗原はるみ先生が紹介していました。

レンコンのはさみ揚げは、青シソがきいて我が家では1番好評でした★★★

ウィンナーを包み揚げた【さつま揚げ】は、棒を串刺して「アメリカンドッグ」のような食べ方や「おでんダネ」にも美味しいとおすすめしていました~

栗原はるみ先生の【さつま揚げ3種】のレシピ・作り方は、続きに書きました
 ↓ ↓

栗原はるみ先生の【さつま揚げ3種】レシピ

<材料>  4人分(写真:2人分)

たら・・・2切れ(正味150g)
エビ・・・8尾(正味150g)

卵白・・・1個分
砂糖・・・小さじ1
酒・・・大さじ1
片栗粉・・・大さじ1
塩・・・少々

(A)
  ウィンナー・・・2~4本

(B)
  玉ねぎ・・・1/4個(2cm角)

(C)
  れんこん・・・約5cm直径5~6cmのもの(3~4mmの輪切り)
  しその葉・・・適宜(みじん切り)

<作り方>

1.たらの皮と骨を取り、細かく刻みたたく。
エビも細かく刻み粘りが出るまでたたき、たらと混ぜる。

2.1をすり鉢に移し、なめらかになるまですりつぶす。satumaage1

3.卵白、酒、片栗粉を加え混ぜ、砂糖、塩を加える。
※砂糖を入れることで、さつま揚げ独特の甘みが出て、味がまろやかになるんです!

4.3のタネを3つに分ける。
satumaageA

(A)は、ラップの上にタネをのせ、その上にウィンナーをのせ包む。

satumaageB

(B)は、タネにタマネギを加えて一口大の大きさにする。

satumaageC

(C)は、タネにしその葉を加え混ぜれんこんで挟む。

5.180℃に熱した油できつね色になるまで揚げたら完成!
(A)は、ケチャップ、マスタードなど、「さつま揚げドッグ」に
(放送:棒を串刺しにしてました)
(B)(C)は、しょうが醤油などを付けてどうぞ

●お好みの食材を混ぜても。とのことで、(B)にはゴボウ(ささがき)を少し加えて揚げてみました。塩を少し足すとより美味しかったようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ