わずか10分で絶品の本格カレー

butakomacurry&kimukatu2010年7月21日(水)
日テレ
DON!
「一流料理人が伝授!コマ切れ肉ウラ技5」

こま切れ肉を使って、美味しくてビックリするようなレシピを一流料理人が教えてくれました。

その中から、【わずか10分で絶品の本格カレー】と、キムカツ店長直伝!豚こま切れ肉の【自宅でできるキムカツ】を作って、【カツカレー】にして食べてみました。

【キムカツ】レシピのラードが手に入らずに、オリーブ油を代用しました。ベストだったのか分かりませんが、噛むたびにジュワ~と肉汁の出る美味しいトンカツに仕上がりました★★★

【自宅でできるキムカツ】【わずか10分で絶品の本格カレー】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
 ↓  ↓

キムカツ店長直伝!豚こま切れ肉の
【自宅でできるキムカツ】キムカツ本店店長さんのレシピ

<材料>  1人前

豚コマ肉・・・130g
ラード・・・10g
ナツメグ・・・少々
塩・・・少々
コショウ・・・少々

卵・・・1個
 (放送:10gと紹介。1個55g前後です。カツのタネ&衣に使用します)
小麦粉・・・50g
生パン粉・・・100g

<作り方>butakomakimukatu1

1.ボウルに豚コマ肉、ラード、ナツメグ、塩、コショウ、溶き卵(放送:大さじ1~2くらい)を入れて、よくなじませていきます。
(ラードが手に入らずに、オリーブ油を代用しました)

2.そして、ハンバーグのタネを作る作業と同様に、右手から左手でキャッチボールをして、中の空気を抜いて成形します。
※「エアー抜き」をすることで、豚小間のすきまを埋めて、ミルフィーユ状態に近いものが出来る。

3.しっかりエアー抜きをしたら、通常のトンカツ同様、小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけて、揚げるだけ。butakomakimukatu2

●少し隙間のできてしまったキムカツですが、ジューシーに仕上がって美味しい~っ!!これは大満足のひと品でした

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

インド・パキスタン料理の専門店「デリー」
【わずか10分で絶品の本格カレー】料理長さんのレシピ

<材料> 2~3人前

豚コマ肉・・・200g
玉ねぎ・・・125g(詳細なし:みじん切りのようでした)
ホールトマト・・・100g
ニンニク・・・小さじ2/3(すりおろし)butakomacurry
ショウガ・・・小さじ2/3(すりおろし)
カレー粉・・・大さじ2
コンソメ・・・10g
サラダ油・・・60ml

水・・・1カップ
ローリエ・・・1枚
ホウレン草・・・1把(生のまま細かく切る)
塩・・・適量

<作り方>butakomacurry1

1.ポリ袋の中に豚コマ肉、玉ねぎ、ホールトマト、ニンニク、ショウガ、カレー粉、コンソメ、サラダ油を入れて、1分間よーく袋の中の材料を揉み込みます。

2.鍋に1を移して、水とローリエを加えフタをして5分煮込みます。塩で味を調えて、最後にほうれん草を加えれば完成!
(シシトウを代用しました)

●お店のまかないとして、よく食べられるそうです。サラダ油を減量した為か?少し粉っぽさを感じるカレーに仕上がりました(^_^;)

サブコンテンツ

このページの先頭へ