卵のココット




2013年4月17日(水)
テレビ朝日

上沼恵美子のおしゃべりクッキング

テーマ”卵料理”
ゲスト:狩野英孝さん

上沼恵美子のおしゃべりクッキングでは、”卵料理”ということで、器(ココット)を使った【卵のココット】を紹介していました。

ココットが無い場合は、ティーカップでも大丈夫!とのことです。また、オーブンを使いません。湯せんにかけるので思ったよりお手軽です!!


固まりきっていない卵が中からとろっと、生クリームのソースにコクをプラスしてくれて、おいしい~~~(*^。^*)

放送ではバゲットと合わせていました。我が家では、【ナポリタン】と合わせました♪

【卵のココット】レシピ

<材料> 2人分
    
卵…2個
生クリーム…80ml
マッシュルーム…40g
ベーコン(かたまり)… 20g
バター…10g
にんにく(みじん切り)…1/4片
パセリ(みじん切り)…小さじ1

白ワイン…大さじ1
塩・こしょう…各適量
バター…適量

【卵のココット】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓


<作り方> 

1.卵(2個)は室温に戻しておきます。耐熱容器2個にバター(適量)を塗って、塩・こしょう(各適量)をします。

卵を割り入れ、生クリーム80mlのうち大さじ1ずつかけ、ラップをします。 

2.大きめのフライパンに湯を沸かします(※湯の量は卵の面と同じ高さまでにする)。

布巾などを入れて1をのせ、蓋をして6~8分、半熟になるまで中火で火を通します(キッチンペーパーでも可)。 

※卵黄が少し固まるまで6~8分火を通す

3.マッシュルーム(40g)は縦4等分に切り、ベーコン(20g)は5mm角の棒状に切ります。

4.鍋にバター(10g)を熱してベーコンを中火で炒め、マッシュルームを加えて炒め、にんにくのみじん切り(1/4片)を炒め、香りが出たら白ワイン(大1)を加えてアルコール分をとばし、残りの生クリーム、パセリのみじん切り(小1)、塩、こしょうを(各適量)加え、一煮立ちさせます。 

※ソースに生クリームを加えたら煮つめない

(私は、エリンギも加えました)

5.耐熱容器を取り出して、ラップをはずし黄身の部分に白い膜が張ってたら4のソースをかけて出来上がり 

●右写真:黄身の部分に白い膜が張り、揺らすと黄身の部分がまだ完全には固まっていない、揺れるくらいを目安に。とのことでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ