かきにゅうめん

レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング 2014年1月6日(月)
テレビ朝日

上沼恵美子のおしゃべりクッキング

テーマ”かきとホタテ”  
ゲスト/鶴見辰吾さん

2014年、年明け初の上沼恵美子のおしゃべりクッキングでは、【かきにゅうめん】を紹介していました。

素麺を温かくいただく「にゅうめん」は、寒い冬場にいいですよね。胃腸にもいい感じです。 お正月でごちそうを食べ疲れた胃腸を考えての、タイミングを合わせたようにも思います。

名前でも分かるように、旬のカキがメインのレシピです。
カキは半量を叩いて「だし」に使います。カキの旨みがたっぷりです!

実際に作ってみました!!

<見た目>
カキの粒が小さいながらも、「かき入り」は、食欲をそそります。
白味噌のお汁も、胃腸にやさしく、見るからに温まりそう(*^。^*)
緑色のせりが、よく映えてます。

本来のレシピ通りなら、お汁にとろみが少しあります。
私は水溶き片栗粉でとろみをつけ忘れました(>_<)

でも、いいとろみがありました。
別茹でした素麺(私は冷麦)を湯きりしてそのまま洗わずに盛るので、
ちょうどいいとろみ加減になったようです。

<味>
叩いたカキは細かいので、食べると、直に旨みが広がります。
いい「だし」にもなって、お汁もおいしいです(*^。^*)

本来のふっくらとした粒のカキもいいし、1口1口が、カキの旨みを感じられる贅沢な一品。
白味噌は甘いと言われますが、薄口しょう油も加わるためか甘過ぎずに、ちょうどいい味付けだと私は思いました。

<感想>
せりの香りがいいですが、三つ葉でも、代用出来そう。せりは、結構なお値段がしました(^_^;)
なので、長ネギの青い部分を使って、気軽に作ってもいいんじゃないかなぁというのが率直な感想です。

ちなみに、私はカキを半量ほどまで減らして作りました。
にゅうめんごときに・・・と言うと、素麺を作っている方に失礼ですが、贅沢過ぎる感じがして。
それでも、十分にカキエキスが濃厚です。ごちそう感のある昼食でした\(^o^)/

私はもともと「汁好き」なこともあって、最後の1滴まで余すことなく、飲み干しました。
おかげで、冷えてた体も温まりました(^O^)/ 夜食にもよさそうでオススメです♪


■■■ 【かきにゅうめん】レシピ ■■■

<材料> 2人分

かき300g
長ねぎ1本
油揚げ1/2枚
せり1/2束
そうめん3束
だし600ml
白みそ50g
薄口しょうゆ大さじ1
水溶き片栗粉適量
七味唐辛子適量
適量
片栗粉適量
適量

<作り方> 調理時間15分ほどPT15M / 写真:半量弱


1.かき(300g)は塩水(分量外)で洗って水気を取り、半量を包丁で細かく叩きます。レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング

(私は、かき80gで1人分と減量しました) 
 

※かきは塩水で洗い、汚れを落とし、半量は細かく叩いて加える

2.せり(1/2束)は3cm長さに切り、長ねぎ(1本)は1cm幅の斜め切りにし、油揚げ(1/2枚)は3cm長さの短冊切りにします。 レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
 

3.鍋に油(適量)を熱し、長ねぎを中火で炒め、1の叩いたかきを加えて炒め、だし(600ml)を加えて煮立て、3分煮ます。 レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
 

4.3に白みそ(50g)と薄口しょうゆ(大1)を混ぜ合わせて加え、残りのかきに薄く片栗粉(適量)をつけて加え、油揚げ、せりを加えて煮て、贅沢過ぎる感じがして。(適量)でとろみをつけます。 レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
 

(私は、水溶き片栗粉でとろみをつけ忘れました)

5.別鍋に熱を沸かしそうめん(3束)をゆでて、湯きりし洗わずにそのまま器に盛り、4を注ぎ入れ、七味唐辛子(適量)を添えて、【かきにゅうめん】の出来上がり レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング

(私は、素麺に代わって冷麦を使用です) 

●上沼恵美子のおしゃべりクッキングを参考にして、自分なりに作ってみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ