鶏の照り焼き




2013年6月12日(水)
テレビ朝日

モーニングバード!

プロ技キッチン

モーニングバード!のプロ技キッチンのコーナーでは、和食から定番料理の1つ、【鶏の照り焼き】を紹介していました。

皮目を焼いてから、蒸して、柔らかく、ジューシーに仕上げるところがポイント!たしかに、ジューシーに出来上がりました。お皿に盛り付けてから、肉汁がジワジワと流れ出てくるほど。

上品に一品料理としてお皿に盛り付けましたが、今度はど~んとご飯の上にのせて【鶏の照り焼き丼ぶり】にしたいと思います♪

【鶏の照り焼き】レシピ

<材料> 4人分

鶏もも肉…1枚(約300g) 
長ネギ…1本(長さ2~3cmぶつ切り)

小麦粉…適量
塩…小さじ1
サラダ油…小さじ2
玉酒(水・酒)…各大さじ1

(合わせ調味料)
しょう油…大さじ1
砂糖…大さじ1
みりん…大さじ1
昆布かつおだし…大さじ1

(付け合わせ)
シシトウ…適量(私は、絹さや)
山椒…少々

柳原尚之さんの【鶏の照り焼き】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓


<作り方> 写真:私は1/2量

1.鶏もも肉(1枚約300g)の皮目に竹串などで刺して針打ちをします。 


※皮に穴を開けることで、焼いたときに皮の膨らみを防ぎ 皮目が焦げ付きづらくなる

合わせ調味料のしょう油、砂糖、みりん、昆布かつおだし(各大1)を合わせておきます。

2.鶏肉を4等分に切り、両面に塩(小1)をつけ5分ほどおき、小麦粉(適量)を軽くつけます。 

※小麦粉をつけることで、皮に焼き目がつきやすく、タレとの絡みもよくなる

3.フライパンに油(小2)をしき、皮目を下にして焼きます(強火~中火で2分半)。 
 

※盛り付ける時に上になる方を先に焼く。強火のままだと表面が焦げて中に火が通らないので、ジューという音が油をはじくようなバチバチした音になったら、中火にします

4.焼き目がついたら裏返して、余分な油を拭き取り、長さ2~3cmぶつ切りした長ネギ(1本)を加えます。 

※フライパンの油をふき取り鶏の臭みを取り除いてから玉酒を加えます。

ネギに焼き目がついたら、(火を消して)玉酒(水と酒:各大1)を入れます。再火して蓋をして蒸します(弱火3分)。
 

※玉酒は鶏肉の臭みを取り、柔らかく仕上げます

5.残っている水分を拭き取り、混ぜ合わせた合わせ調味料を入れて、鶏肉を時々返しながら絡めます(弱火)。
 
 

6.取り出して食べやすく切り、長ネギと皿に盛り付けて【鶏の照り焼き】の出来上がり

放送では、山椒(少々)をふり、ししとうを添えていました。

●放送を見て、参考にしながらブログをアップしました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ