鶏胸肉とパプリカの焼き春巻き

jpg2010年7月27日(火)
テレビ朝日

たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学
(旧:たけしの本当は怖い家庭の医学)

~2010年度版!疲労回復7daysレシピ~

疲労回復に高い効果があるという「イミダペプチド」を多く含む鶏の胸肉を「ビタミンC」と一緒に摂った場合、疲労回復のスピードが2倍に!

ということで、奥薗壽子先生が、鶏胸肉とパプリカを包んだ焼き春巻きを紹介してくれました。

中からチーズがとろ~りと溶けて、お酒のおつまみにぴったりのひと品でした★★★ケチャップなどのソースは不要なくらい、パプリカがジューシーで美味しかったです(⌒~⌒)

奥薗壽子先生の【鶏胸肉とパプリカの焼き春巻き】のレシピ・作り方は、続きにあげておきます。
 ↓ ↓

【鶏胸肉とパプリカの焼き春巻き】奥薗壽子先生のレシピ

<材料>  2人分(写真:春巻きの皮3枚を2等分で6個)

鶏の胸肉・・・1枚(200g)
 塩・・・小さじ1/2
 粗びきコショウ・・・適宜
 片栗粉・・・大さじ1
パプリカ(赤)・・・2個

春巻きの皮・・・10枚(半分に切り長方形に)

プロセスチーズ・・・100g(パプリカと同じ長さの棒状に)

ケチャップ・・・大さじ2
ペッパーソース・・・適宜

オリーブ油・・・適宜

<作り方>

1.パプリカはヘタ・種を取り除き、縦に細切りにします。
※パプリカ1個で、ビタミンC1日平均摂取量を多く上回る量

2.鶏肉は細切りして(恐らく)、塩、コショウを揉み込み、片栗粉をまぶします。paprikaharumaki1

3.春巻きの皮に、2の鶏肉、パプリカ(2本)、プロセスチーズ(2本)をのせて(写真右)、くるくると巻きます。
※両端は開いたままです
(巻き終わりに、水溶き小麦粉or片栗粉のようなものをつけてのりづけしていました)
※パプリカのシャキシャキ、春巻きの皮のパリパリ、チーズのトロ~リの3つの食感が楽しめる2

4.フライパンにオリーブ油を熱し、3をこんがりとキツネ色に焼いたら完成!ケチャップ、ペッパーソースを合わせたものをつけてどうぞ~

3●皮ばかり焦げて、中の鶏肉が半生のもありましたので、トースターで追加の加熱をしました

チーズが溶けて、流れ出る可能性もありますが(写真右)、しっかり火を通しましょう!
※火加減や焼き時間などご注意くださいませ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ