鶏胸肉とかぶの明太子炒め

torikabumentai2010年7月27日(火)
テレビ朝日

たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学
(旧:たけしの本当は怖い家庭の医学)

~2010年度版!疲労回復7daysレシピ~

疲労回復に高い効果があるという「イミダペプチド」を多く含む鶏の胸肉を「ビタミンC」と一緒に摂った場合、疲労回復のスピードが2倍に!

奥薗壽子先生が、手軽にそろう食材で疲労回復に良いレシピを紹介してくれました。

その7日間メニューの中から今夜、まずは【鶏胸肉とかぶの明太子炒め】を作る予定にしました。
作り方の詳細が不明な点は、私の予想で作りましたが、だいたいは良かったかと思います。主人には、『辛い!』と言われてしまいましたが、美味しかったです★★★

奥薗壽子先生の【鶏胸肉とかぶの明太子炒め】のレシピ・作り方は、続きにあげておきます。
 ↓ ↓

【鶏胸肉とかぶの明太子炒め】奥薗壽子先生レシピ

<材料>  2人分 (写真:1人分です)

鶏の胸肉・・・200g
かぶ・・・(小)4個
かぶの葉・・・4個分
ニンニク・・・1片(放送:説明無し。みじん切りにしてみます)

マヨネーズ・・・大さじ2
辛子明太子・・・50g

コショウ・・・少々
塩・・・少々
オリーブ油・・・適宜
小麦粉・・・適宜
 ⇒(放送:何に使うのか説明無し。鶏肉にまぶしてみます)

レモン・・・お好みで

<作り方>
●鶏の胸肉は、1口大にします(放送:説明無し。そぎ切りにしてみます)。塩、コショウを揉みこんでおきます。
 炒める直前に、小麦粉を軽くまぶしてみました。

1.かぶの葉を切り落とし、かぶをくし型(1個を6~8個)に切ります。
(放送:かぶの皮は、むかずに切っていましたが・・・)torikabumentai1
 皮つき・皮なしの両方を調理してみました。皮つきでも大丈夫でした。

2.1で切り落としたかぶの葉を2,3cmくらいのざく切りにします。ボウルに入れて、塩もみします(写真右)。
※かぶの葉は、ビタミンCの宝庫!
※塩もみすることで、かさを減らし、炒める時間を短縮
(加熱によるビタミンCの損失を最小限に抑える)

3.ボウルに辛子明太子を入れて、キッチンバサミで(適当に)切り、マヨネーズを加えてよく混ぜ合わせます。torikabumentai2
※辛子明太子もビタミンCを多く含む食材

4.フライパンにオリーブ油を熱し、鶏肉、ニンニク、かぶを炒めます(放送:手順の説明無し)。
 鶏肉を両面に焼き色がついたら、かぶ、ニンニクを入れて炒めてみました(写真右)。

torikabumentai35.4のフライパンに2のかぶの葉、3の明太子マヨネーズを加え入れて(写真右)、軽く炒め合わせたら完成!お好みでレモンを~

●辛子明太子に火を通したくなかったので、私はすぐに火を止めました。放送では、もっと、プチプチ(パラパラ)としていました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ