しっとり鶏そぼろふりかけ

torisoboro-okuzono2010年10月19日(火)
テレビ朝日

たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学
(旧:たけしの本当は怖い家庭の医学)

~いつものご飯にのせるだけでイキイキ血に!~

魚と肉は同じ量食べることが推奨されてますが、お肉はタンパク質が豊富でバランスのよい栄養食品とのこと。

野菜よりも鉄分が豊富で、鉄分の吸収率も高いため毎日少しでも摂取して、イキイキの血液で長生きしましょう!

ということで、奥薗壽子先生が、「お肉を使ったふりかけ料理」で、毎日誰でも無理なく食べられるレシピを紹介していました。

「ふりかけ」といっても、この鶏そぼろは、かなり 「しっとり」 「とろとろ」 で美味しい(*´∇`*) スプーン2杯程度で良いそうですが、主人は丼ぶりにしていっぱい食べました★★★

奥薗壽子先生の【しっとり鶏そぼろふりかけ】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
 ↓ ↓

「長生きできるイキイキ血を作る、やわらか肉ふりかけ」
【しっとり鶏そぼろふりかけ】奥薗壽子先生のレシピ

<材料> 3食分

鶏ひき肉・・・200g

しょう油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
ショウガ・・・2片(すりおろし)
水・・・50cc
片栗粉・・・小さじ1

<作り方>

1.火のついてないフライパンに、鶏ひき肉、しょう油、みりんを入れて混ぜ合わせます。
※ボウルを汚さない上に、1粒1粒に味が染み込んで肉がふっくらと仕上がります

2.1のフライパンにショウガを加えて混ぜ合わせたら、さらに水、片栗粉を入れて木べらなどで混ぜ合わせます。torisoboro-okuzono1
※火にかける前に水と片栗粉を加えることで、柔らかいそぼろになる

3.火をつけて、2分半~3分ほど加熱して、全体に色が変わってきたら出来上がり
※スプーン2杯でタンパク質14.8g摂取(理想:13.7g) アルブミン&ヘモグロビンがアップ!

●バターロールパンなどにも、はさんでお召し上がりください。とのことでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ