ごま漬け鶏胸肉ふりかけ

gomatori2010年10月19日(火)
テレビ朝日

たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学
(旧:たけしの本当は怖い家庭の医学)

~いつものご飯にのせるだけでイキイキ血に!~

魚と肉は同じ量食べることが推奨されてますが、お肉はタンパク質が豊富でバランスのよい栄養食品とのこと。

野菜よりも鉄分が豊富で、鉄分の吸収率も高いため毎日少しでも摂取して、イキイキの血液で長生きしましょう!

ということで、奥薗壽子先生が、「お肉を使ったふりかけ料理」で、毎日誰でも無理なく食べられるレシピを紹介していました。

【鶏そぼろ】に引き続き、このレシピもかなり汁気があります。電子レンジ加熱でも、鶏肉がしっとり!蒸し汁がポイントです★★★

トマトやキュウリと合わせて「バンバンジー」を思わせるようなひと品で、いんげんと一緒に和えていただきました。

奥薗壽子先生の【ごま漬け鶏胸肉ふりかけ】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
 ↓ ↓

「長生きできるイキイキ血を作る、やわらか肉ふりかけ」
【ごま漬け鶏胸肉ふりかけ】奥薗壽子先生のレシピ

<材料> 3食分 

鶏胸肉(皮なし)・・・1枚(約200g)
 塩・・・小さじ1/4
 ごま油・・・小さじ1
 酒・・・大さじ1

(ごまダレ) 
しょう油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
練りゴマ(白)・・・大さじ2
ハチミツ・・・大さじ1

わさび・・・お好みで

<作り方>

1.鶏胸肉を縦半分、厚さ半分に切り、塩、ごま油を揉み込む。
※鶏胸肉をマリネすることで、しっとり仕上がります

2.1の鶏肉に酒をまぶしてから、ラップをして電子レンジで4分加熱する(500W)。加熱後は、放置して粗熱をとります。

3.ごまダレの練りゴマ、みりん、しょう油、ハチミツを混ぜ合わせます。
※鶏胸肉をタレに漬けこむことで、柔らかく仕上がりますgomatori1

4.2の鶏肉は、食べやすい大きさに切り、2の加熱して出た蒸し汁に戻します(写真右)。
(繊維を断ち切るようにすると食べやすい。とのことで、もう少し小さく切ってました)
※蒸し汁を吸わせて、旨みと水分を戻します

5.4の胸肉を3のごまダレに漬けこんで、お好みでわさびを加えて味を調えて完成
※スプーン3杯程度で、タンパク質19.1g(目標13.7g)が摂れます


●野菜と和えたり、ご飯にのせてお湯をかけてお茶漬けになどアレンジが効きます。とのことでした。

「ハチミツ」 入れ忘れましたーーー\(◎o◎)/  食べ終わって気が付きました(^_^;) もう少し、味が違ってたかと・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ