カキとほうれん草の美肌リゾット


2011年11月15日(火)
日テレ

ヒルナンデス!!

川越達也のcookingナンデス!!

~カキとほうれん草のリゾット~

どこにでもある食材を使って10分で作れるアイデア麺料理を川越達也シェフが伝授するコーナー、『川越達也のcookingナンデス!!』

今回は、旬のカキを使った【カキとほうれん草のリゾット】を作って紹介していました。パスタと予告してましたが、リゾットへ変更になってカキの旨味を逃がすことなく、リゾットで正解かも~美味しいです~(*^。^*)

思ったより、汁気があっという間になくなってしまいました(^_^;) 硬めに炊いたご飯を使ったので、ボタッと重たくならずに良かったです♪

【カキとほうれん草の美肌リゾット】レシピ

<材料>  2人分

カキ(加熱用むき身)・・・200g 
ほうれん草・・・150g
玉ねぎ・・・1/4個 
ベーコン・・・30g
ご飯・・・お茶碗1.5杯分(約200g) 
にんにく・・・適量(みじん切り) 

オリーブオイル・・・適量 
オイスターソース・・・小さじ2
水・・・200ml
鶏がらスープの素・・・小さじ1/2 ※コンソメでも可 
バター・・・20g
小麦粉・粉チーズ・塩・・・適量

コーヒーフレッシュ・・・1個 ※生クリームでも可

(トッピング)  
 パセリ・・・適量(みじん切り)
 黒こしょう・・・適量
 粉チーズ・・・お好みで

川越達也シェフの【カキとほうれん草の美肌リゾット】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓

<作り方> 写真:1人分

1.ホウレン草は茹でて食べやすい大きさに、タマネギは薄切り、ベーコンは1cm幅くらいに切ります。

2.カキは塩水で汚れを取り除いて洗い、水気を拭きとったら小麦粉をまぶします。

※塩水で洗い「ぬめり」「生臭さ」をとり、小麦粉をまぶすことでうま味を逃がさないようコーティングする

3.フライパンにオリーブオイルをひき、2のカキを焼きます。

焦げ目がついたら、オイスターソース(小さじ2)、バター(20g)を加えていったん取り出します。

※何回もひっくり返さず横滑りさせながら焼き、いったん取り出すことで、ふっくらプリプリ感を残す!

4.3のフライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを炒めます。

香りが立ったら1の玉ねぎ(1/4個分)、ほうれん草(150g)、ベーコン(30g)、塩(適量)を入れて炒めます。

※フライパンを洗わずに、カキの旨みを残したまま使う!!

(私は、赤唐辛子も間違って炒めました)


5.水(200ml)、鶏がらスープ素(小さじ1/2)を加えて、煮立ったらご飯(200g)を加え入れます。

コーヒーフレッシュ(1個)、3の焼いたカキ(半量を2等分くらいに細かく切る)を戻し入れ、お好みの状態にします。

※「おかゆ」になるので、あまり煮込まずスープにご飯をなじませる程度がおすすめ

6.粉チーズ(適量)を加えて器に盛ります。3の焼いた残りのカキを飾ります。

お好みでパセリ、黒こしょう(各適量)、粉チーズをトッピングして【カキとほうれん草の美肌リゾット】の出来上がり

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

◆もう1品◆

美魔女コンテストグランプリに輝いた
「奇跡の45歳」の山田佳子さんの【美魔女サラダ】レシピ

<材料>  2人分

ルッコラ・・・30g 
サニーレタス・・・50g 
きゅうり・・・1/3本
ミニトマト・・・6個 
パプリカ(黄・赤)・・・合わせて1/4個

(ドレッシング) 
 オリーブオイル・・・大さじ1 
 白ワインビネガー・・・大さじ2
 レモン汁・・・大さじ1 
 塩・・・少量
 ひよこ豆・・・適量


<作り方>

1.野菜を食べやすい大きさに切り、器に盛ります。

2.ボウルにドレッシングのオリーブオイル(大さじ1)、白ワインビネガー(大さじ2)、レモン汁(大さじ1)、塩(少量)を加え混ぜ合わせます。

3.1にひよこ豆をトッピングして、2のドレッシングをかけて【美魔女サラダ】の出来上がり

※ひよこ豆には、食物繊維やビタミンB群が豊富で、整腸作用・美肌効果が期待できる

サブコンテンツ

このページの先頭へ