いなり&太巻き&生姜焼き

fujimoribento2009年10月28日(水)
TBSテレビ
時短生活ガイドSHOW

オリエンタルラジオの藤森慎吾さんが、今回・秋の行楽弁当に時間のかかる「いなりずし」や「太巻き」も作って20分で10品もの料理に挑戦していました!時短のポイントは、いなりずしに「焼き肉のたれ」と「底あきコップ」を使うこと★★★「生姜焼き」の味付けには、なんと「ジンジャーエール」で超時短レシピです!

【いなり】藤森流時短レシピ

<材料>

焼き肉のタレ(中辛)…80cc
水…80cc
油揚げ…2枚(既に中が空いているもの)
すだちご飯…80g

<作り方>jitaninari1
プラスチックコップの底を切っておく

1.油揚げを半分に切り、耐熱皿に乗せる。
※油揚げを楽に切る時短テク!⇒油揚げは買ってきた袋のまま切れば包丁がべとべとにならない。

2.上から焼き肉のタレ、水をかけ、レンジで2分加熱する。jitaninari2
※油揚げに短時間で味を染み込ませる時短テク!⇒レンジ加熱で、油抜きも1度に完了。

3.プラスチックコップの底に、加熱後の油揚げをはめて余分な汁をきり、すだちご飯を詰める。
※ご飯をいなりに詰める時短テク!⇒底の抜けた使い捨てコップの飲み口からご飯を入れれば、手も汚れない。

たしかにプラスチックコップは便利でした!!私は油揚げが少しやぶれたので、コップは小さめのものをおすすめします。

【太巻き】藤森流時短レシピ

<材料>

ご飯…300g
すだち…3個
 
ちくわ…2本
山ごぼう…2本
魚肉ソーセージ…1/2本
味付けかんぴょう…2本
 (かつおおかかを代用)
白ごま…適量
焼き海苔(全形)…1と1/2枚/1/2枚

<作り方>

1.ちくわの穴に山ごぼうを差し込む(目)、魚肉ソーセージを縦に半分に切り半月型にする(口)。

2.1/2にカットした海苔の上に魚肉ソーセージ、かんぴょう、ちくわの順に積み重ね巻く。ソーセージは平らな部分を上にし、その上に鼻用のかんぴょうを2本重ねた状態でのせて巻く

3.ご飯にすだちを絞ってかけ、すだちご飯を用意する
※あっという間に酢飯を作る時短テク!⇒すし酢の代わりにすだちを使う。冷ます手間も省ける。
※すだちをあっという間にしぼる時短テク!⇒マヨネーズの空き容器に、皮ごと半分
に切ったすだちを入れて絞る。

4.クッキングシートにすだちご飯を広げ、白ごまを全体に振りかける。
※太巻きを簡単に巻く時短テク!⇒巻きすの代わりにクッキングシートを使うことで、巻きすを洗って乾かす時間がいらない。jitanfutomaki2

5.4のすだちご飯の上に2を乗せくるっと巻き、1と1/2枚分の海苔の上に転がし巻く。
※太巻きを簡単に巻く時短テク!⇒のりの上にご飯を敷くのは、ひっついて面倒!一度クッキングシートで丸めた太巻きを、コンビニのおにぎりの要領でコロンとのりの上に転がせば簡単!jitanfutomaki

6.お好みの幅に切って完成!
※太巻きを簡単に切る時短テク!⇒包丁を濡れ布巾で一度ふいてから切れば断面がくっつかない。


巻く経験が少なく不安から、巻きすの上にクッキングシートを敷いて巻きました(゚∀゚)アヒャヒャ~

超簡単!ジンジャーエールの【生姜焼き】の作り方は、続きにあげておきます
 ↓ ↓

 

超簡単!ジンジャーエールで味付け
【生姜焼き】藤森流時短レシピgingerale

<材料> 

豚肉スライス…120g
めんつゆ…50cc
ジンジャーエール…70cc

<作り方>

1.フライパンに油をひき、豚肉を入れる。jitansyoga

2.1のフライパンにめんつゆ、ジンジャエールを入れて焼く。
※生姜焼きを簡単に味付けする時短テク!⇒めんつゆとジンジャーエールで、細かい味の調整と、生姜をする手間が省ける。

「シンジャーエールとめんつゆ」の味付けは、簡単に味がきまって早かったです。が、いわゆる「生姜焼き」の味では、ありませんね(^_^;)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓