肉団子の甘酢あんかけ

レシピ 肉団子2014年3月1日(土)

TBSテレビ

新チューボーですよ!

~肉団子~

新チューボーですよ!では、ゲストに中島 健人さんを迎えて、お弁当の定番おかずの1つ、【肉団子の甘酢あんかけ】を作っていました。

子供から大人までみんなに幅広く愛されている肉団子をカリカリ&ジューシーに仕上げます。

甘酢を絶妙にからませて、ワンランク上のプロの味に!と堺正章巨匠も腕をふるって、最高の星3つの出来栄え!美味しそうでしたぁ(*^。^*) 

ちなみに、まんまるとした肉団子は、中国では「一家団欒」の象徴だそうです。

実際に作ってみました!!

<見た目>

放送では、もう少し1個1個が大きい肉団子だったかもしれませんが、

まぁまぁ、それっぽく仕上がったように思います!

<感想>

表面は「カリ」くらいに揚がりました。中は残念ながらシューシーとは感じませんでしたね(^_^;)

でも、ケチャップと醤油、お酢が丁度いい塩梅の甘酢で、良かったです!

見たとおりケチャップ寄りですが、醤油やお酢でキリッとしまって、ご飯がすすみます(^O^)/

程よい塩気の青菜が、またいい箸休めとなって、我が家でも「星3つですっ」♪

広告


■■■ 【肉団子の甘酢あんかけ】レシピ ■■■

<材料> 3人分

(肉団子)

豚挽き肉500g

小さじ1と1/4

コショウ・砂糖各少々

紹興酒大さじ1

ネギ生姜水大さじ5

200cc

ネギの青い部分20g

生姜の皮60g

全卵・片栗粉各大さじ2

(甘酢)

中華スープ300cc

砂糖大さじ5と1/3

ケチャップ120g

濃口醤油・酢各大さじ4

レモン汁1個分

(仕上げ)

サラダ油大さじ1

甘酢400cc

肉団子20個

水溶き片栗粉大さじ2

ゴマ油大さじ1/2

小松菜180g

サラダ油大さじ1

中華スープ大さじ4

少々

<作り方> 調理時間25分ほどPT25M / 写真:半量ほど(ネギ生姜水1/4量)

*肉団子の下ごしらえ*

1.豚挽き肉(500g)に塩(小1と1/4)、コショウ、砂糖(各少々)、紹興酒(大1)、ネギ生姜水(大5)、全卵(大2)を加え、しっかりと練ります。


●ネギ生姜水は水(200cc)、ネギの青い部分(20g)、生姜の皮(60g)を合わせ、手でもみ、漉したもの

レシピ
(写真:ネギ生姜水は、分かりやすく漉す前の状態のもの)

 
※ネギ生姜水を加えることで、肉の臭みをとり、やわらかな食感に仕上がる

2.粘りが出てきたら、片栗粉(大2)を入れ、しっかり混ぜ全体をまとめます。

*甘酢を作る*

広告

3.鍋に中華スープ(300cc)、砂糖(大5と1/3)、ケチャップ(120g)、濃口醤油(大4)を入れ、中火で一煮立ちし砂糖が溶けたら粗熱を取り、酢(大4)、レモンの搾り汁(1個分)を入れ、混ぜ合わせます。

レシピ

※最後に加熱することを考慮して、ここでは酸味強めでOK!

*仕上げる*

4.2の肉だねを左手で絞りつつ、ゴルフボール大に成形し(20個)、180℃の油に投入し程よく色付いてきたら(5分ほど)、強火にしてさっと揚げます(30秒ほど)。

レシピ

●放送:中華鍋を使って、もっとたっぷりの油で揚げていました。

5.別鍋でサラダ油(大1)をひき、長さ3�pほどに切った小松菜(180g)をさっと炒め、中華スープ(大4)を加え塩(少々)で味付けし、お皿に(輪に)広げます。

レシピ

(私は、チンゲン菜を代用しました)

6.鍋に油(大1)をなじませ、3の甘酢(400cc)を入れ、中火で沸かし4の団子を入れ、水溶き片栗粉(大2)でとろみを付けます。

レシピ

(私は、3で作った甘酢を鍋に移さずに、そのままで、油を省略して、肉団子を加えました)

7.照りだしのゴマ油(大1/2)を回しかけ、5のお皿の中央に盛りつけて、【肉団子の甘酢あんかけ】の出来上がり

●新・チューボーですよ!の放送を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓