ポークジンジャー

レシピ ポークジンジャー2014年3月15日(土)
TBSテレビ
新チューボーですよ!

~ポークジンジャー~

新チューボーですよ!では、ゲストに溝端 淳平さんを迎えて、【ポークジンジャー】を作っていました。

「豚のしょうが焼き」ではなく、「ポークジンジャー」ということで、厚めの豚肉をナイフ&フォークでいただきます。

味付けのジンジャーソースは、人参や玉ねぎも入って甘めに仕上げるソースです。

堺正章巨匠たちの作った【ポークジンジャー】は星3つの出来栄えで、とっても美味しそうでしたぁ(*^。^*)

実際に作ってみました!!

<感想>
放送よりも、脂身少なく小さめの豚肉で作りました。
それでも、それなりに噛み応えもあって十分なメインディッシュです(^O^)/

ジンジャーソースは、たしかに甘めで我が家好み♪
野菜の他にみりん等も入ります。
ご飯がすすむ味付けで、大満足な夕飯になりました\(^o^)/

ちなみに、ジンジャーソースはレシピの半分の量で作りました。
1.5人分の量ですが、2人分には余るくらいの量が作れました。
ジンジャーソースの分量は、作りやすい量かと思います。

広告


■■■ 【ポークジンジャー】レシピ ■■■

<材料> 3人分

豚ロース肉150g×3
適量
薄力粉適量
サラダ油大さじ2
ブランデー大さじ1
グラッパ大さじ1
ジンジャーソース適量

(ジンジャーソース)
生姜50g
ニンニク10g
玉ネギ65g
ニンジン65g
濃口醤油80cc
みりん100cc
砂糖10g
100cc

広告

<作り方> 調理時間25分ほどPT25M / 写真:豚肉100gX2枚(ジンジャーソース半量)

*ジンジャーソースを作る*
1.生姜(50g)を千切りにし、玉ネギ(65g)、ニンジン(65g)、ニンニク(10g)をスライスします。

水(100cc)、みりん(100cc)と一緒にミキサーにかけます。 レシピ

●放送:生姜は風味を活かすため、皮つきのまま千切りしていました。

2.1を鍋に移し砂糖(10g)を加え、火にかけます(中火)。沸騰直前に醤油(80cc)を加え、アクを取り一煮立ちさせます。 レシピ

※野菜の甘みが立った仕上がりのジンジャーソース

※焼き過ぎると肉がかたくなるので注意!

 
*仕上げる*
3.豚肉は1.5cmの厚さにスライスし、肉と脂身の境目にある筋を切ります(写真:手前の豚肉)。
片面に塩(適量)をつけ、小麦粉(適量)をまぶします(写真:奥の豚肉。まぶしの途中ですが)。 レシピ

※筋切りをすることで、豚肉が真っすぐキレイに焼きあがる

※小麦粉をまぶすことで、旨味が閉じ込められ、肉にソースが絡みやすくなる
 

 
●放送:写真よりも脂身の多い「肩ロース肉」を使っていました。

4.フライパンを熱して油(大2)を入れ3の豚肉を焼きます(中火)。きつね色になったら裏返し焼き、両面に焼き色が付いたら油を捨て、フタをして蒸し焼きにします。 レシピ

●放送:竹串を刺して、透き通った肉汁が出たら焼きあがりの目安。とのことです。 

5.ブランデー(大1)、グラッパ(大1)でフランベし、2のジンジャーソース(適量)を加え入れ、肉に絡ませたら盛り付けて、【ポークジンジャー】の出来上がり レシピ

(私は、料理酒を代用しました) 
 
 

レシピ

(私は付け合わせのキャベツなども食べやすいように、豚肉を切り分けてから盛りつけて、箸で食べました)

●新チューボーですよ!の放送を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓