エビマヨ


2011年9月10日(土)
TBSテレビ

チューボーですよ!

~エビマヨ~

ゲスト:いっこく堂さん

チューボーですよ!で紹介された街の巨匠たちのエビマヨ。その中でも、1尾のエビを2つに切り分ける作り方は、初めて!2倍食べれるような喜びを感じて、作ってみました\(^o^)/

小さいかなぁ~揚げたら丸かったり、ヒョロヒョロと長く揚がったりして、外見が様々に。でも、ちょうど1口で食べられて良かったです(*^。^*)

エビマヨのソースに街の巨匠たちは、そのお店独自のアイテムを使用。堺正章巨匠は、すっきりキレのあるドライジンを加えて作っていました。

残念ながら、そこは省略して我が家では作りました。十分レモンの絞り汁でスッキリ!飽きずに最後まで食べられて、これは気に入りました!!

【エビのマヨネーズ和え】レシピ

<材料>  3人分

大正エビ・・・9尾(10~15cmのもの)
(洗い)塩 大1 / 片栗粉 大3 / 水 大2
(下味)塩 小1/3 / コショウ 少々 / 紹興酒 小1
(衣)全卵 大3 / 片栗粉 大2 / 薄力粉 大2

サラダ油・・・適量

(ソース)
 マヨネーズ・・・150g
 マスタード・・・小2と1/2
 レモン汁・・・大1
 コンデンスミルク・・・大1と1/2
 ドライジン・・・小1/2  
  ※バターまたはマンゴーピューレと街の巨匠3品3様でした

(付け合わせ)
 ベビーリーフ・レタス(千切り)・・・各適量
 カシューナッツ・・・適量 (細かく砕く)

【エビのマヨネーズ和え】の作り方は、続きに書きました。
 ↓  ↓

広告

広告

<作り方> 写真:レシピより若干少なめ

*エビの下準備*
1.エビの殻を剥き、包丁を横に入れ、背わたを取り除き身を半分に切る(写真右側)。

塩と片栗粉をまぶし、しっかり揉んで汚れ・臭みを取り洗い、水気を拭き取る。

※俵型になるよう切り離さない街の巨匠もいました(写真左側)。


*ソースを作る*
2.ソースのマヨネーズ、マスタード、レモン汁、コンデンスミルク、ドライジンを混ぜ合わせる。


※ドライジンを加えることで、キレのあるソースに!
(私は省略です)

●溶かしバターの場合⇒コクとまろやかさをアップ
●マンゴーピューレの場合⇒甘酸っぱさをアップ

*仕上げ*
3.1のエビに下味の塩、コショウ、紹興酒を入れ、下味を付ける。

全卵を加えて揉み込み、さらに片栗粉、薄力粉を加え、衣をまとわせる。

※衣が重くならないよう、衣は身が透ける程の厚さを目安に

4.160℃の油で揚げる(中火)。泡が大きくなり、パチパチと音がしてきたら、強火にし、衣がやや色付いてきたら、油から引き上げる(強火)。

5.熱の入っていない鍋で、エビとソースを絡める。

●写真右:私は、ボウルでソースと合わせました。

6.付け合わせを皿に広げ、その上にエビを盛り付け、上からカシューナッツを振り【エビのマヨネーズ和え】の完成

●私は、ブロッコリー、パプリカを付け合わせしました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓