天津飯




2012年5月6日(日)
TBSテレビ

噂の!東京マガジン

~やってTRY!~

噂の!東京マガジンでは、【天津飯】をやってトライ!していました。9人中1人も成功者がなく、思ったよりも難しかったようです。

今回、横浜中華街「四五六菜館」のオーナーシェフが、スタジオで教えてくれた【天津飯】は、片面だけを焼いて、ふわっふわに卵をやわらかく仕上げる作り方でした。

卵が固くなくて私好み~(*^。^*) レシピと違って、我が家では、卵は1人分を2個で作りました。枝豆はグリンピースを代用。カニは、かにカマを使ってます。

しらすを加えるところもポイントのレシピでしたが、塩っ気、うま味(・・? は、残念ながら、分かりませんでしたが(^_^;) ふわとろの卵とあんかけが、ご飯に絡まって美味しかったです~(^O^)/

横浜中華街「四五六菜館」さんの【天津飯】レシピ

<材料> (放送見たかぎりでは1人分。HP無記入)

卵…3個
塩…少々

(中身の具)
しらす…30g
カニ…40g(茹でる)
枝豆…適量(茹でる)
きくらげ…適量(もどす)
小ねぎ…適量(小口切り)

(甘酢たれ)(この分量で2人分足りました)
鶏ガラスープ…200�t
オイスターソース…小さじ1(HP:大さじ1.5)
塩…少々
酢…大さじ1.5
砂糖…大さじ1.5(HP:20g)
水溶き片栗粉…適量

サラダ油…大さじ1.5

【天津飯】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓


<作り方>  

1.甘酢たれの鶏ガラスープ、オイスターソース、塩、酢、砂糖を合わせておきます。

2.フライパンにしらすをから炒りして、カニ、枝豆、きくらげ、小ねぎを加えてサッと炒めます。

※しらすを加えることで、塩味をプラス
 

(私は、カニカマ、グリーンピースを代用してます)

3.ボウルに卵を割り入れて、2の具材を加えてよく溶きほぐし混ぜ合わせます。 

(1人分につき、卵2個使用しました)

4.フライパンにサラダ油をひき、温めてフライパンを傾けます。

温まった油に3の卵液を流し入れて、かき混ぜて空気を入れ徐々にフライパンを平らに戻して卵をひとまとめにします(中火)。

卵に8割ほど火が通ったら、ご飯をよそった丼ぶりにのせます。 


※卵を常に動かし続けることで、空気が入りフワフワに。余熱で丁度良い固さになります

5.フライパンに1の甘酢たれを温めて、水溶き片栗粉でトロミをつけて、4の上にかけて【天津飯】の出来上がり 

●TV放送と噂の!東京マガジンHPとでは、分量や作り方に相違がありました。私は、放送をもとに作り、レシピをあげました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓