夏野菜のドライカレー

レシピ ドライカレー


2013年8月4日(日)
TBSテレビ

噂の!東京マガジン

~ドライカレー~

噂の!東京マガジンでは、暑い夏にぴったりの【ドライカレー】をやってトライ!していました。(14人中、2人が成功)。

ご飯と混ぜるタイプのドライカレーもありますが、今回放送で紹介されたドライカレーは、白いご飯にトッピングするタイプ。加熱時間も短く済んで、助かりました(^^)v

クミンシードの香り高いドライカレーって感じで、やや大人っぽい味の仕上がりですが、温泉卵のとろ~り卵黄が、まろやかさをプラスしてくれました!

トッピングの特に生のトマトが、口の中をフレッシュにしてくれて良かったです。

【夏野菜のドライカレー】「AU GAMIN DE TOKIO」さんのレシピ

<材料> 2人分

牛ひき肉…80g(私は、合びき肉)
たまねぎ…1/2個
ピーマン(緑・赤)…各1/2個
ニンニク…小さじ1
ショウガ…小さじ1

ホールトマト缶…120g
カレールゥ…30g
クミンシード…小さじ1(無ければ、パウダーでも可)
カレー粉…小さじ1/2
塩…ひとつまみ
コショウ…少々

(トッピング)
トマト・オクラ・ズッキーニ…各適量
温泉卵…2個

【夏野菜のドライカレー】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 

1.玉ねぎ(1/2個)、緑・赤ピーマン(各1/2個)、ニンニク、ショウガ(各小1)をみじん切りにします。

トッピングのトマトは粗みじん切り、オクラは塩茹でし2等分に斜め切り、ズッキーニは輪切りしてソテーしておきます。 

(私は、赤パプリカを使用。トッピングのズッキーニに代わってナスを代用しました)

広告

2.フライパンにサラダ油(分量外)をひき、ひき肉(80g)を炒めて、半分ほど色が変ってきたら、ショウガとニンニクを加え、塩(ひとつまみ)・こしょう(少々)を加えて火を通します。

火が通ったらザルにあけ、油を切ります。 


※ザルで余分な油を減らすことで、よりヘルシーな仕上がりに!

3.同じフライパンにバター(10g)を溶かし、玉ねぎ、ピーマンを炒め、塩・コショウ(分量外:少々)をふり、さらに、カレー粉(小1/2)、クミンシード(小1)を加えます。 


※野菜は炒め過ぎずに、シャキシャキの食感を残す

4.(潰した)ホールトマト(120g)を加えて少し混ぜ合わせたら、2のひき肉を戻し入れ混ぜます。

※トマト缶の酸味でヘルシーな仕上がりに!

少し刻んだカレールゥ(30g)を加えて全体を炒め合わせます。 
 

 

5.皿にご飯を盛り、その上に4をかけます。温泉卵、夏野菜をトッピングして【夏野菜のドライカレー】の出来上がり

●噂の!東京マガジンの放送を見て、参考にしながらレシピをあげました。

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

【温泉卵】上沼恵美子のおしゃべりクッキングレシピ

<作り方>

1.卵を常温に戻しておきます。

2.鍋に1リットルの湯を沸かし、沸騰したら火を消します。

水200mlを加えて約80度にし、常温に戻した卵をゆっくり入れ、蓋をして8分放置。冷水に落として冷ましておきます。 

●時期によって8分放置は、変更も必要のようです。
⇒ご参考までに暑い時期は、7分でも温泉卵に火が通り気味になります(^_^;) 


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓