いか大根

ikadaikon2010年10月10日(日)
TBSテレビ
噂の!東京マガジン

平成の常識 やって!TRY

お店などでは2時間ほど煮込むイカ大根を30分でよく煮汁のしみ込んだ美味しいイカ大根の作り方を紹介していました。

ポイントは、大根の隠し包丁と厚さということで、よ~く味のしみ込んだご飯のすすむひと品が出来上がりました。煮汁と絡むようにとろみをつけるとのレシピでしたが、そのままで煮汁が十分にしみ込んで美味しかったです★★★

「なだ万スーパーダイニング ジパング 赤坂店」さんの【いか大根】のレシピは、続きに書きました。
 ↓  ↓

「なだ万スーパーダイニング ジパング 赤坂店」さんの
 【いか大根】 レシピ

<材料> 3~4人分(写真:半量です)

するめイカ・・・200g
大根・・・400g

(煮汁)
かつおだし・・・4カップ
酒・・・1/2カップ
みりん・・・大さじ4
砂糖・・・大さじ2
しょうゆ・・・大さじ6
生姜・・・10g(千切り)
昆布・・・10cmほど

<作り方>ikadaikon1

1.大根の皮をむき、半月切にして、側面に隠し包丁を入れて、2cm弱の厚さに切る。
(放送:1mmくらいずつ入れてました)
※大根の側面に隠し包丁を入れることで、火の通りが早くなり、短時間でしっかりと味が付く。

2.1の大根を米のとぎ汁で一度10分ほど茹でる。

3.イカを輪切りにし、軽く湯通しをする。ikadaikon2

4.3のイカと2の大根をかつおだし、酒、みりん、砂糖、しょうゆ、生姜、昆布を入れた煮汁で30分ほど煮込む。
(放送:落とし蓋をしてました)

5.くずで煮汁にとろみをつける。器に盛り付けて、一味唐辛子(少々)、細かく切った柚子をのせて完成
※くずでとろみをつけることによって、イカと大根によく絡み、味がしっかり付く

●イカは、湯通ししたこともあって、大根と時間をずらして、15分ほど煮てやわらかく仕上げてみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓