鶏つくねのごぼう鍋




2012年11月26日(月)
TBSテレビ
はなまるマーケット

~和の巨匠・笠原将弘の鶏料理指南!~

はなまるマーケットでは、日本料理『賛否両論』の笠原将弘さんが、鶏肉を使ったレシピを紹介していました。

その中でも、スタジオで披露していた【鶏つくねのごぼう鍋】を私も作ってみました。鶏つくねが、ふわっとやわらかくて、これは、おいしい!!


ゴボウのいい味も出てます! 『ん、うまいコレ!』の主人の言葉も聞けました。やったね~\(^o^)/ 最後は「雑炊」でしめました。 

本来は、鶏つくね&ゴボウの2種類だけのシンプルな鍋ですが、せっかくなので私は、小松菜・えのきを追加しました。

日本料理『賛否両論』笠原将弘さんの【鶏つくねのごぼう鍋】レシピ

<材料> 4人分

ゴボウ…1本
万能ネギ、ユズの皮…各適量

(つくね)
鶏ひき肉…500g(つくね30個分)
タマネギ…中2個
卵…1個
塩…小さじ1/2
砂糖、しょう油、片栗粉…各大さじ1

(出し汁)
水…1200cc
だし昆布…5g
しょう油、みりん…各大さじ4

【鶏つくねのごぼう鍋】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方>  写真:上記分量1/2(つくね9個)出来ました

広告

1.鍋(土鍋)に水・しょう油・みりん・だし昆布を入れて温めておきます。

2.つくねのタマネギはすり下ろし、ふきん等で包んで水気をしっかり切ります。

3.ボウルに2の玉ねぎと鶏ひき肉、卵、塩、砂糖、しょう油、片栗粉を入れ、白っぽく粘りが出るまでよく練り生地を作ります。 


※空気を含むようによく練ることで、ふんわりとしたつくねに仕上がる

(私は、3分ちかく練りました)

4.1の鍋のだし昆布を取り出し、3を一口サイズに手で丸めながら、鍋に落とし、中火で3分ほど加熱します。 

※つくねの表面が荒れるので、火加減はグラグラでなくコトコトくらいの火加減で

(私は、スプーン2本を使って丸めました)

5.ささがきにして水にさらしたゴボウを加えます。 


※鶏とゴボウは、相性が抜群!

6.つくねが浮いてきたら(アクを取り除き)、万能ネギ(小口切り)・ユズの皮(千切り)を散らして【鶏つくねのごぼう鍋】の出来上がり

※アクを取り除き、マイルドな味に!

≪鶏つくねの保存方法≫
水にだし昆布と塩を入れて沸騰させた鍋に、丸めたつくねを加えて3~4分程茹でておけばOK!
⇒これで冷蔵庫で3~4日、冷凍庫で1ヶ月ほど保存可能


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “鶏つくねのごぼう鍋”

  1. おつん より:

    はじめまして。
    いつも楽しく拝見してます。
    テレビでみて、美味しそうだな~って思うレシピが
    こちらに来るとよく掲載されてて
    写真つきで分かりやすく
    すごく助かってます
    →同じ番組をよく見てるみたいです(笑)
    鶏つくね鍋、日曜日に作りました、
    締めはやっぱり雑炊!
    温まりました~

  2. 三ツ星主婦 より:

    おつんさん はじめまして。
    こんばんは。いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。
    その上、コメントを下さって嬉しかったです!
    この【鶏つくね】ふわっふわで、美味しかったですよねぇ↑↑↑ 
    やっぱり、締めは雑炊で。見る番組も同じようですし、また、遊びにいらして下さいね(^_-)-☆
    お待ちしておりま~す♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓