夏の疲労解消タコライス

レシピ タコライス


2013年8月13日(火)
TBSテレビ
はなまるマーケット

~夏の疲労回復料理~

はなまるマーケットでは、トップアスリートを支えるスタミナレシピ料理をいくつか紹介していました。

その中でも、フィギュアスケートの高橋大輔選手などトップアスリートの栄養管理をしているスポーツ栄養アドバイザー:石川三知さんの【夏の疲労解消タコライス】を作ってみました。

ワンプレートでたくさんの野菜から栄養が摂れる、夏の疲労回復料理!食べ終わった後は、気持ち大満足!でありながら、胃やお腹は重くならない!大満足のワンプレートレシピでした。

ナス・トマト・ゴーヤーなどの『果菜類』と呼ばれる野菜から水分を補給することが大事!水分量の多い『果菜類』には、余分な熱を放出させ身体を冷やす働きがあるそうです。暑い時期は飲み水だけでなく、食事からも水分を補給することを心がけることをオススメしていました。

 
【夏の疲労解消タコライス】レシピ

<材料> 2人分

合びき肉…150g
タマネギ…大1/4個
トマト…1個
ミニトマト…適宜
ズッキーニ…1/2本
ナス…1本
黄パプリカ…1/2個
ピーマン…小2個
枝豆(茹でた)…30g

ローリエ…3枚
ウスターソース…小さじ2
ケチャップ…大さじ1
ガラムマサラ…小さじ1
ブラックペッパー…小さじ1

ご飯…2膳分
レタス…2枚
温泉玉子…2個
粉チーズ…適量

【夏の疲労解消タコライス】の作り方は、続きに書きました。失敗の少ない【温泉卵】の作り方も書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 
 
1.タマネギ(大1/4個)、ズッキーニ(1/2本)、黄パプリカ(1/2個)、ピーマン(小2個)、ナス(1本)、皮を湯剥きしたトマト(1個)は、それぞれ1cm角のサイの目にカットします。 

(私は、ズッキーニを省略)

※水分量が多く余分な熱を放出させ身体を冷やす働きのある『果菜類』と呼ばれる野菜(ナス・トマト・ゴーヤーなど)から水分を補給することが大事!

広告

2.油をひいてないフライパンで合びき肉(150g)を炒め、出てきた油はクッキングペーパーで拭き取ります。 


※油を使わず、出た油も拭き取ることで、消化吸収の時間を減らし負担をかけない

3.合びき肉に火が通ったらタマネギ、トマトを加え中火で炒め、タマネギに火が通ってきたら、ズッキーニ、ナス、ピーマン、パプリカを加えて炒めます。 

4.香り付けにローリエ(3枚)を加え、ケチャップ(大1)、ウスターソース(小2)を加え、強火で水分が飛ぶまで炒めます。 

5.水分が飛んだら中火にしガラムマサラ、ブラックペッパー(各小1)を加え、枝豆(30g)を加えます。

※ガラムマサラ、黒コショウといった香辛料を加えることで食欲増進につながる
 


※動物性たんぱく質の合びき肉、植物性たんぱく質の枝豆など多種類を取り入れることでアミノ酸のバランスを整える働きがある

6.少し深めの器にご飯をよそい、手でちぎったレタス(2枚)を乗せ、その上に5.をかけ、お好みでミニトマト(適宜)をあしらって温泉玉子をのせて、粉チーズ(適量)を振りかけたら【夏の疲労解消タコライス】の出来上がり

●はなまるマーケットの放送を見て参考にし、作り方をブログにあげました。

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

【温泉卵】
  (上沼恵美子のおしゃべりクッキングレシピより)

<作り方>

1.卵を常温に戻しておきます。

2.鍋に1リットルの湯を沸かし、沸騰したら火を消します。

水200mlを加えて約80度にし、常温に戻した卵をゆっくり入れ、蓋をして8分放置。冷水に落として冷ましておきます。 

●時期によって8分放置は、変更も必要のようです。
⇒私は暑い時期は、6分で冷水にとるようにしてます。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓