元祖オムライス

ganso-omlet.jpg2011年3月10日(木)
TBSテレビ

はなまるマーケット
 
とくまるレシピ

~たまご料理~

定番の卵料理をワンランクアップさせましょう!と、創業116年の洋食店『煉瓦亭(銀座)』さんが、超人気であり発祥でもあるという卵料理【オムライス】を紹介していました。

「当時オムライスは、従業員とコックさんのまかない食。厨房の中で手軽に食べられるように考案されたメニューなので、 誰でも簡単に作れます。」

と強火で手早くが鉄則!外はカリッと、中はトロッとした絶品オムライスに。
ganso-omlet3.jpg

・・・作れました!元祖のオムライス!

味付けが甘辛く、とくに主人は大満足!ケチャップは逆に邪魔なようでした。 

少し成形が早過ぎて、盛り付けてから卵液が少し滲んできますが、それも美味しいかなと私は思います~(*^。^*)

【元祖オムライス】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
↓  ↓

広告


煉瓦亭さん直伝の【元祖オムライス】レシピ

<材料> 1人分

タマネギ・・・1/8個(1センチ角に切る)
合いびき肉・・・80g
しょう油・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1と1/2

卵・・・2個
マッシュルーム(缶詰)・・・適量(スライス)
グリーンピース・・・適量

温かいご飯・・・1膳強
塩・・・小さじ1/2
コショウ・・・少々

ケチャップ・・・適量

広告

<作り方>

*卵ご飯を作る*
1.熱したフライパンにサラダ油をひき、タマネギを入れ、少し透き通ってきたら合いびき肉を加えて炒めます。
ganso-omlet1.jpg

2.軽く炒めたら、しょう油、砂糖で味付けしさらに炒めます。
(私は、ここまでの工程を「2人分」作りました)

※明治時代の日本人の舌に合うよう、醤油&砂糖で味付けされていました

3.ボウルに卵を割りいれ、マッシュルーム、グリンganso-omlet2.jpgピース、2の具材を加え軽くかき混ぜます。さらに温かいご飯、塩、コショウを加え、よく混ぜ合わせます。

※短時間で仕上げるために、ご飯は温かいものを使うこと。すべて一緒に合わせることで、簡単で手っ取り早い


*仕上げ*

4.フライパンにサラダ油をひき、ganso-omlet4.jpg強火でフライパンをよく温めたら、3の卵ご飯を流し込み、フライパンを揺すりながら全体を軽く炒めます。

5.フライパンに接している面が少し固まってきたら、素早くご飯を片側に集めて、フライパンの取っ手をトントンと叩き卵を回転させ形を整えて完成!

※強火で手早くが鉄則!家庭の火力の場合、卵ご飯を入れてから40秒以内を目安に


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “元祖オムライス”

  1. にゃん より:

    はじめまして。私も作ることと食べることが大好きです。彼が卵料理が好きなのですが、オムレツ、オムライスは苦手なのですが、このレシピなら私にも作れそうです。早速 作ってみたいと思います。ありがとうございます。これからもレシピを楽しみにしてます。

  2. 三ツ星主婦 より:

    にゃんさん はじめまして
    卵料理は、とくに私も大好きです
    火加減しだいで卵って様々で、奥が深くて難しいですよね
    この【オムライス】彼が喜んでくれると良いですね頑張って~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓