ニンニクと豚肉のスタミナ炒め




2013年8月21日(水)
TBSテレビ
はなまるマーケット

~ヤル気UP!免疫力UP!注目のニンニクパワー~

はなまるマーケットでは、夏の疲れを吹き飛ばせ!と、スタミナ食材の代表のような『ニンニク』をたっぷり使った料理を紹介していました。

その中から、 【ニンニクと夏野菜のスタミナグラタン】に引き続き、「これ、おいしい!」と薬丸さんのコメントが出た【ニンニクと豚肉のスタミナ炒め】を作ってみました。

甘辛くニンニクが効いて、間違いない味付け。我が家では丼ぶりにして温泉卵と合わせていただきました。植物性たんぱく質の厚揚げも入るので、食べ応えも十分です!

素麺やキュウリのトッピングなどにもアレンジの効く炒め物です。ちなみに、醤油と砂糖は減量して作りました。温泉卵と合わせて食べても、やや味付けが濃いめでした。

たっぷりのニンニクですが、それほどニオイが気にならなかったです。番組「みんなの家庭の医学」などでも、ニンニクを取り上げていました。そのため、ここのところニンニクを食べる日が続いてて、鼻が麻痺しているのかもしれません(笑) おかげで、夏バテ知らずですが(^_-)-☆

パンウェイさんの【ニンニクと豚肉のスタミナ炒め】レシピ

<材料> 2人分

ニンニク…3片
ショウガ…1片
豚バラ肉…200g
厚揚げ豆腐…1/3丁
万能ネギ…適量

紹興酒…大さじ1と1/2
黒砂糖…大さじ3
しょう油…大さじ2
サラダ油…適量

【ニンニクと豚肉のスタミナ炒め】の作り方、失敗の少ない【温泉卵】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 
 
1.ニンニク(3片)、ショウガ(1片)をみじん切りに、豚肉(200g)は2�p程度に切り、大さじ2程度の脂身を分けておきます。

広告

厚揚げ豆腐(1/3丁)は、横2等分幅5�oくらいの薄切りにします。 
 

※ニンニクの他に、豚肉の動物性たんぱく質と厚揚げの植物性たんぱく質も摂れて元気に!

2.フライパンにサラダ油(適量)をひき、ニンニク(半量)、ショウガ、豚肉の脂身を入れ、弱火で炒めます。 

3.香りがでてきたら、残りの豚バラ肉を加え、中火で肉の色が半分程変わるまで炒めます。 

4.紹興酒(大1と1/2)、黒砂糖(大3)、厚揚げ豆腐を加え、強火で絡めるように炒めます。 

(私は、酒、砂糖を使用。やや減量しました)

5.しょう油(大2)を加え、汁気をとばしながら混ぜ炒め残りのニンニクを加え、火を止め、余熱で混ぜ合わせます。

皿に盛り、お好みで小口切りした万能ねぎ(適量)をかけて【ニンニクと豚肉のスタミナ炒め】の出来上がり 

※ニンニクを余熱で火を通し、ジアリルトリスルフィドが溶け出す

●ジアリルトリスルフィドとは、脂肪燃焼作用、免疫増強効果、抗がん効果が期待できる成分

≪アレンジメニュー≫
・ご飯の上にのせ、卵の黄身を落とす
・縦に半分に切ったきゅうりの上にのせて食べる
・卵スープの具にする
・茹でたそうめんにのせる

●はなまるマーケットの放送を見て参考にし、作り方をブログにあげました。

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

【温泉卵】
  (上沼恵美子のおしゃべりクッキングレシピより)

<作り方>

1.卵を常温に戻しておきます。

2.鍋に1リットルの湯を沸かし、沸騰したら火を消します。

水200mlを加えて約80度にし、常温に戻した卵をゆっくり入れ、蓋をして8分放置。冷水に落として冷ましておきます。 

●時期によって8分放置は、変更も必要のようです。
⇒私は暑い時期は、6分で冷水にとるようにしてます。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓