エッグベネディクト




2013年3月7日(木)
TBSテレビ
はなまるマーケット

~卵料理~

はなまるマーケットでは、今年、大ブレイクの卵料理から【エッグベネディクト】を紹介していました。

【エッグベネディクト】とは、イングリッシュマフィンにハムやベーコン、ポーチドエッグをのせてオランデーズソースをかけたもの。

最近ではカフェレストランなどでも、食べられるようになって、どちらのお店も長い行列ができている様子を放送していました。

今回、私は早速作ってみました!うふふふ、おいしいです~(*^。^*) オランデーズソースが、濃厚ながらレモンの酸味と風味を少し感じるソースで、おすすめ。


流れ出るポーチドエッグが、また「たまらない!」やっぱり主役!イングリッシュマフィンと合わせて、贅沢なブランチでした♪ 気になる方は、ぜひ作ってみてみて!!

【エッグベネディクト】カフェ・カイラさん直伝のレシピ

<材料> 2人分

イングリッシュマフィン…1個(2枚)
ベーコン(厚切り)…2枚(私は、厚切りハム)

(ポーチドエッグ)
卵…2個
水…1200cc
酢…120cc

(オランデーズソース)
卵黄…3個分
バター…70g
塩・コショウ…各少々
ウスターソース…少々
レモンの皮…少々
レモン汁…小さじ1

カフェ・カイラさんの【エッグ(ス)ベネディクト】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 
 
*ポーチドエッグを作る*
●私は、小さめの鍋で水、お酢、どちらも半量にして作りました(写真下)

1.鍋に水(1200cc)と酢(120cc)を入れて沸かします。(お酢を入れるのでアルミの鍋は使用しないで下さい)

※お酢を加えることで、卵がまとまりやすい

2.沸騰したら弱火にして、菜箸でかき混ぜて渦を作り、容器に割った卵を1個鍋の中に入れます。 

※お湯に渦を作ることで、卵が型崩れしにくくなる 

広告

 

3.2分程度したら穴あきお玉ですくいあげ、余熱で火が入りすぎないよう冷水にとります。

2個目の卵も、同様のことを繰り返し作ります。

 
(私は、湯を少なくした為、底の部分をゴムべらを使って丁寧にすくいました) 

 

*オランデーズソースを作る* 
●私は、卵黄2個(S玉)、バター1/2量で2人分を作り十分に足りました

4.ボウルに入れた卵黄(3個分)を湯煎にかけて、ホイッパーで混ぜます。

人肌程度の温かさになったら、湯煎からはずしてもったりするまで混ぜます。 

5.レンジ(又は湯煎)でバター(70g)を溶かし、4~5回程度に分けて4のボウルに加えます。 

※溶かしバターは、一気に入れると分離するので、数回に分けて加える

持ち上げたときに筋が残る程度まで混ぜ合わせます。 

6.塩・コショウ(各少々)、ウスターソース(少々)を加えて混ぜ、レモンの皮(少々)、レモン汁(小1)も加えてよく混ぜます。 

※レモンの酸味で味がしまり、一層おいしくなる!


*仕上げ*

7.フライパンに少量の油をひき、両面に焼き色がつくまで厚切りベーコンを焼きます。

イングリッシュマフィン(1個)は横に半分にカットし、色目がつくまでトーストしたら、バター(分量外)を塗ります。 

8.イングリッシュマフィンをお皿にのせて、7のベーコンをのせます。
3のポーチドエッグをお湯にさっとくぐらせ温め、水気を切ってベーコンの上にのせ、最後に6のオランデーズソースをかけて【エッグベネディクト】の出来上がり

●オランデーズソースは、卵黄を湯せんにかけただけなので作り置きに不向きです。食べきるようにして下さい。とのことでした。

●はなまるマーケットの放送を見て参考にし、作り方をブログにあげました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “エッグベネディクト”

  1. りこぴー より:

    こんにちは♪
    主婦歴2年目です。
    ここを見ていたら分かりやすくて色々つくってみたくなりました。
    料理は苦手でマンネリしがちが悩みでしたが
    いろんな味付けがあるんだなぁって。
    見方を変えればちょっと楽しくなってくるもんですね!
    参考になります。ありがとうございます(^-^)

  2. 三ツ星主婦 より:

    りこぴーさん
    こんばんは。コメントありがとうございます。主婦歴2年目、ホヤホヤですねぇ(*^。^*) 家事全般も慣れてきた頃でしょうか?!
    料理は毎日のことなので、大変ですよねぇ~私もマンネリ化してました(^_^;) TVなどで紹介された料理を作ることで、マンネリ化を脱却!旬の食材を摂ったり、食生活を随分と変えることが出来ました。
    そうそう見方を変えて、りこぴーさんも料理を楽しんで♪ ご主人様が喜んでくれるといいですね(^_-)-☆

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓