アップルリングパン

appleringpan2010年3月29日(月)
TBSテレビ
はなまるマーケット
 
とくまるレシピ
~おうちパン~

最近、自宅でパンを焼きたいという人が急増!パン作りのブログや 『YOMEの楽チン パン☆レシピ』 本で大人気の、カリスマ主婦:大井純子さんのイチ押しパン【発酵なし!40分で作るアップルリングパン】を紹介してくれました。

ホームベーカリーを使わずに小麦粉で作れる嬉しいレシピ!シフォンケーキの型でリングを成形していましたが、無いのでケーキ型でなんとかそれっぽく作りました。

レーズンの甘みとりんごの酸味がほどよい【アップルリングパン】レシピ・作り方は、続きに書きました
(ご参考までに、雑な工程の画像もアップしています)
 ↓ ↓

【アップルリングパン】レシピ

<材料> 4人分(6等分です)
 
リンゴ・・・1個
水・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ3
レーズン・・・大さじ3

薄力粉・・・200g
ベーキングパウダー・・・小さじ2
塩・・・小さじ1/4
バター・・・20g
カッテージチーズ・・・100gappleringpan1
牛乳・・・90cc

<作り方>

1.皮付きのまま1cm幅のいちょう切りにしたリンゴ、水、砂糖、レーズンを混ぜて、 ふんわりラップをして電子レンジに3分(600W)かけて、粗熱をとる。 (写真上)appleringpan2
※パンには甘みをつけないので、リンゴにしっかり砂糖で甘みをつける


2.薄力粉、ベーキングパウダー、塩を軽く混ぜ、バター(固形のままでした)、カッテージチーズを加えて切るように混ぜる。 ダマが小豆大になるまで切り混ぜる。
(写真上:もう少し切り混ぜた方がおすすめです)

3.牛乳を入れて、全体が一塊になるまでゴムベラで混ぜる。appleringpan3
(写真右:悪い例です。カッテージチーズのダマがある)


4.クッキングシートの上に生地をのせ、クッキングシートを上からかぶせて挟みこみ直径30cm程度になるまで麺棒で伸ばす。(写真右
※クッキングシートで生地を挟み伸ばすことで、めん棒も汚れず、打ち粉をする必要もない

appleringpan45.生地の中央に、1の軽く水分を拭いたリンゴ&レーズンをのせて、生地を巻いていく(太巻きの要領でした)。
※リンゴ&レーズンは、生地にまんべんなくのせてました(写真右:中央に帯状に並べた悪い例です)

6.巻き終わりを閉じて、そのままクッキングシートごと横30cmになるまで伸ばす。(写真右)appleringpan5

7.生地を6等分に切り(写真左下)、切り口の断面を上にして(具材が見えるように、バターを塗った型(シフォン型でした)に並べる。(写真右下)
※ホーロー鍋(蓋をせず)でも代用可能です(直径20cm程度)

8.予め180度に温めたオーブンで25分焼く。

9.焼き上がったら粗熱が取れてから型から外し、お好みで粉砂糖をふりかけて完成!

appleringpan6appleringpan7

≪反省点≫
●カッテージチーズのダマが残った
●15cmケーキ型に生地を押し込み、いまいち膨らまなかった
全体に雑な仕上がりでしたm(__)m

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓