かんたんドリーチキン

レシピ タンドリーチキン2013年10月17日(木)
TBSテレビ
はなまるマーケット

~コレおいしい!~

はなまるマーケットでは、お料理自慢のグッチ裕三さんが、【かんたんドリーチキン】こと【タンドリーチキン】を作っていました。

カレー粉とヨーグルトに代わって塩麹を漬け込むところが、グッチ裕三さんの【タンドリーチキン】のポイント!「日本人の口には、塩麹が合うと思う」とのことです。

実際に作ってみましたが・・・

んーおいしい\(^o^)/ 焦げやすいので、ホイルを被せながら焼く手間がかかりました。が、グリル(魚焼き)で焼くので、無駄な脂が落ちて、香ばしく焼けて鶏皮が食べやすかったです!

昨日、放送を見て漬け込みましたが、食べ損ねて1日半ほど漬け込みました。少し不安でしたが、辛すぎることもなくちょうどいい塩梅でした。塩麹のおかげで鶏肉がやわらかく、白いご飯にも合いました(*^。^*)

ちなみに私は、エリンギやナスも一緒に焼いてみました。塩・こしょうしただけですが、いい付け合わせになって良かったです♪

広告


グッチ裕三さんの【かんたんドリーチキン】レシピ

<材料> (2人分)

広告

鶏もも肉300g
ミディトマト8個
クレソン適量
塩麹大さじ1
カレー粉大さじ1
オリーブ油大さじ2

<作り方> 調理時間20分ほど(漬けこみ時間を除く)PT20M
 
1.鶏もも肉(300g)に包丁で数箇所、穴を空けます。

塩麹とカレー粉(各大1)をもみ込み、ポリ袋に入れて一晩寝かせます。 

※ヨーグルトよりも塩麹の方が、日本人には合います

 

※半日の漬けこみでもOK!

2.1の鶏もも肉、ミディトマト(8個)にオリーブ油(大2)をまぶし、グリルで15分ほど焼きます。 

(私は、片面焼きグリルなので、肉側から焼き始めました。8割がた火が通ったら、裏返して皮側を焼きました)

3.鶏もも肉を食べやすく切って、ミディトマトと一緒に器に盛り、クレソン(適量)を添えて【かんたんドリーチキン】の出来上がり

(私はエリンギ、ナスも一緒に焼き添えました)

●はなまるマーケットの放送を見て参考にし、作り方をブログにあげました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓