あんまん

an-man2010年12月3日(金)
TBSテレビ
はなまるマーケット
 
とくまるレシピ
~中華まん~

1度、手作りして美味しかった【肉まん】ですが、閉じ口を失敗していたので、リベンジしました!

前回より、ヒダ寄せする生地を薄くしてみました。少し【肉まん】っぽく包めたかな・・・まだ、中央が穴あいてて、ヒダも定まらずまだまだですがね(^_^;) 
ウー・ウェンさんの【肉まん】レシピはこちら

ちなみに、同日放送の【あんまん】も作ってみました。

やっぱり!『美味しい~~~っ(*^。^*)。』

市販のあんこに、練りゴマを加えると、風味がよくなって、美味しいんです!1度試したらもう、やみつきです!!

ウー・ウェンさんの【あんまん】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
↓  ↓

広告


ウー・ウェンさんの【あんまん】レシピ

<材料> 12個分
 an-man1
(生地)
薄力粉・・・200g
ドライイースト・・・小さじ1(3g)
グラニュー糖(または、砂糖)・・・大さじ1
塩・・・ひとつまみ
ぬるま湯(40度程度)・・・110cc
サラダ油・・・大さじ1

(餡)
粒あん・・・300g
練り白ゴマ・・・大さじ4
塩・・・ひとつまみ
an-man2

広告

<作り方>

*餡作り*
1.ボウルに餡の材料を入れて混ぜ合わせる。
(写真右:割合がくるってますが)

*生地作り*
2.別ボウルに薄力粉、ドライイースト、グラニュー糖、塩を入れて軽く混ぜ合わせる。

3.2にぬるま湯を3回に分けて少しずつ加え、粉にムラが出ないよう混ぜる。

4.全体がまとまってきたらサラダ油を入れて手でこねる。油が全体になじんだら、まな板などの上に出し、手のひらでこねていく。

5.生地全体が滑らかになったらボウルに移し、ぬれ布巾をかけて室温で30分ほど置いて一次発酵させる。

*成形する*
6.5の生地が倍の大きさほどになったら、打ち粉をつけたまな板の上に出して、細長く40cmの長さに伸ばし、12等分し直径10cmまで円形に伸ばし1の餡を包む。
※ひだを作るように包んだら、逆さにし、ひだの部分をまな板にこすりつけて平らに、 形を細長くするとよい(肉まんと区別をつけるため)

●私は、あんパンのように丸く包みましたan-man3

7.クッキングシートを敷いたセイロ(または、蒸し器)に、包んだもの並べ、20分程室温に置いて二次発酵させる。
※蒸す事で膨らむので、並べる際は、隙間を空けておく。

8.時間が経ったら火にかけ、強火で10分ほど蒸して完成!
※蒸したものは冷凍で10日は持ちます。

●生地の分量:半量で3個作ることが出来ました。レシピ通りに作ると、ずいぶん小さいサイズのようです。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓