南部雑煮

レシピ お雑煮2013年12月23日(月)
NHKテレビ

きょうの料理

講師:鈴木 登紀子

NHKきょうの料理では、昨年末に「ばぁば」こと鈴木登紀子さんが、お雑煮を紹介していました。

母親直伝という東北・南部地方の【南部雑煮】です。短冊切りした大根、人参、ごぼうが主な具材。いくらのトッピングが、際立つお雑煮です。

私も東北の出身ですが、このお雑煮を初めて見ました。 と言っても、地元・仙台のお雑煮もよく知らないのですが(笑)

実際に作ってみました!!

<見た目>
いくらを少し添えるだけで、贅沢・豪華な感じになりました。
蓋つきのお椀を使うと、三つ葉と柚子の香りも楽しめます。
なおさら、おもてなしの風格も出そう!

<味>
だし汁に薄口しょう油、塩で調味します。上品な味付けです。
スーッと入るおすましで、もう1杯!とお替わりしたくなるほど!!

<食感>
短冊切りした野菜が、このお雑煮の特徴ですが、
とくに、ごぼうがいい食感と味を出しているように思います。

ほかの人参と大根も、茹で過ぎずに少し食感を残した方が良いようです。
やわらかい餅とのコントラストが楽しめます。

<感想>
ちょうど、いくらがあったのでこのレシピに挑戦してみました。
色鮮やかないくらが、目を引きますが、身内で食べる分には無くとも十分かと思います。

年が明けて6日が経ちました。もう、お餅は食べ飽きた!という声もあるかもしれませんが、
いくらを省くと、気軽な食材で作れるお雑煮です。
根菜の食感がよく、オススメですよ♪ 


■■■ 【南部雑煮】ばぁば風レシピ ■■■

<材料> 4人分

8個
鶏ささ身2本
大根400g
ニンジン50g
ごぼう100g
かまぼこ(紅白)各4枚
ゆずの皮適量
三つ葉 適量 適量
いくら大さじ4
だし汁カップ4
大さじ1/2
薄口しょう油大さじ1/2
小さじ2・大さじ1

<作り方> 調理時間20分ほどPT20M / 写真:半量弱ほど(餅は1人1個


1.大根(400g)、ニンジン(50g)は皮をむき、長さ3~4�p、幅1�pほどの短冊切りにします。ごぼう(100g)も同様に切り、酢水(分量外)に放します。レシピ 

2.鍋に湯を沸かし、1の大根、ニンジン、ごぼうのアクの少ない順に、それぞれ少しかために下茹でします。  

3.鶏ささ身(2本)は筋を除いて薄切りし、酒(小2)をふります。

ゆずの皮(適量)は薄くそぎ、三つ葉(適量)は長さ3�pほどに切ります。いくら(大4)は酒(大1)をふってほぐします。

※ゆずの皮を薄くそぎ「へぎ柚子」にします

(私は、鶏ささ身に代わってもも肉を、三つ葉に代わって小松菜を使用しました)

4.耐熱ボウルに餅(8個)、ぬるま湯を注いで、ラップをして電子レンジ(600W)で6~7分ほど温めます。 レシピ
 

(右写真:餅1個を2等分しました。2分半ほど(500W)でやわらかくなりました)

5.鍋にだし汁(カップ4)を温めて、2の野菜、3の鶏ささ身を加え入れます。塩(大1/2)、薄口しょう油(大1/2)で味を整え具材を取りだしザルにあげます。 レシピ

●放送:鶏ささ身は、火が通りやすいのですぐに調味する。とのことでした。 

(私は、鶏もも肉をかるく下茹でしてから、鍋に加えました)

6.5のつゆに、幅1�pくらいに切った紅白のかまぼこ(各4枚)をくぐらせて温めます。 レシピ

 
※かまぼこは、つゆで温めます

7.お椀に大根などの野菜を少しよそってから、その上に4の餅をのせます。さらに、大根などの野菜、鶏ささ身、かまぼこ、いくら、三つ葉を盛り付けます。レシピ

つゆをお椀の横の方から静かによそいます。最後に、へぎ柚子をのせて、【南部雑煮】の出来上がり 

※お餅は具材の上に盛ることで、お椀に餅がつかずに良い

●NHKきょうの料理の放送を参考にして、自分なりに作ってみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓