れんこんとたらのキムチチゲ




2012年11月8日(木)
NHKテレビ

きょうの料理
  
~れんこんとたらのキムチチゲ~

講師:コウ ケンテツ

NHKきょうの料理では、レパートリー倍増計画!秋冬野菜のおかずということで、コウケンテツさんが、この季節に食べたい料理の定番、韓国風【れんこんとたらのキムチチゲ】を紹介していました。

ん~見るからに辛そうで体の芯から温まりそう(*^。^*) 作ってみたら、手軽に揃う食材と調味料で、なかなか美味しい。コチュジャンの甘さもあるからか、スープものみやすいです!

使うキムチによるかもしれませんが、さほど辛くなく食べやすい!! これなら辛いの苦手な主人でも食べられたかもしれません。 が、1人で食べちゃいました(^_^;) ←食い意地張ってます(笑)

レンコンは鍋底で煮込まれたわりに、いい食感を残して存在を主張! 豆腐やタラ、キムチの中で、唯一の歯応えが際立ったレンコン入りのチゲ鍋でした♪

【れんこんとたらのキムチチゲ】レシピ

<材料> 2人分

れんこん(小)…1節(150g)
たら(切り身)…2切れ(200g)
白菜キムチ…100g
木綿豆腐…1/2丁(150g)
生しいたけ…2枚
たまねぎ…1/4コ
春菊…3~4本

粉とうがらし(中びき)… 適量
ごま油…大さじ1

(A)
コチュジャン…大さじ1
みそ…大さじ1
しょうゆ…大さじ1/2
しょうが(すりおろす)…1かけ分
にんにく(すりおろす)…1かけ分
酒…カップ1/2

【れんこんとたらのキムチチゲ】の作り方を 続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方>

1.れんこんは5mm厚さの輪切りに、豆腐は3cm角に切ります。

広告

しいたけは石づきを除き、四つ割りにす、たまねぎは5mm幅の薄切り、春菊は4cm長さに切ります。

たらは3~4等分に切ります。白菜キムチは食べやすい大きさに切ります。 

2.(A)の調味料(コチュジャン、みそ、しょう油、ショウガ、ニンニク、酒)を合わせておきます。 


※コチュジャンは、韓国産のとうがらしに、もち米、こうじ、麦芽粉などを加えて発酵熟成させた、韓国の甘辛いみそ

3.鍋にごま油を熱し、れんこんとキムチを入れて中火でサッと炒めます。 

※れんこんは炒めてから煮たほうが歯ごたえよく仕上がります。

※キムチは汁ごと加えて炒め、酸味をとばしてうまみを抽出

4.3の鍋に2の合わせ調味料と水(カップ3)を加えて強火で煮立てます。

しいたけ、たまねぎを加えて5~6分間煮ます。 


※チゲは強火で煮立てることで余分な水分をとばし、みそのうまみを素材にしみ込ませるのがコツ

5.たら、豆腐を加えて中火で2~3分間煮ます。 

春菊を加え、粉とうがらしをふって【れんこんとたらのキムチチゲ】の出来上がり。

※韓国産の赤とうがらしを乾燥させて粉末にしたもの。日本の一味とうがらしよりマイルドな辛さで甘みもある

≪追記≫

最後は、雑炊でしめてみました。チーズを加えて、マイルド&コクをプラス! 

⇒とっても美味しい仕上がりで、アレンジですがオススメです(*^。^*) 


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓