ぶりの鍋照り

レシピ ぶりの照り焼き2014年1月16日(木)
NHKテレビ

きょうの料理

講師:土井 善晴

NHKきょうの料理では、ホッとするごはんということで、土井 善晴さんが【ぶりの鍋照り】を紹介していました。

旬のぶりを鍋で照り焼きにする「鍋照り」。寒い時期だけに、濃厚な味が格別においしく、懐かしく感じられるものです。と土井善晴さん。

実際に作ってみました!!

<感想>
途中で余分な油を拭き取りましたが、すごい照り具合いです。
私は青シソ&ゆずを添えましたが、大根おろしも合いそうなほど脂がよくのってました。

ぶりは小麦粉をまぶさずに焼きはじめて、楽ちんな作り方です。
甘辛いたれが、ほどよくとろりとして、よく絡みました。
おかげで、ご飯がすすむ、すすむ!(^^)!

ちなみに、ぶりの表面は焼くことで、大袈裟ですが、少しカリッとしたような焼いた感じがします。
そして、蓋をして蒸し焼きするおかげで、身はやわらかく仕上がりました。

ぶりの鍋照りと言っても、鍋でなくフライパンを使うレシピです。
作り方も特別なことはありません。お馴染みの『ぶりの照り焼き』のように作れました。
簡単でメインのおかずになって、これはオススメです♪


■■■ 土井善晴さんの【ぶりの鍋照り】レシピ ■■■

<材料> 2人分

ぶり(切り身)2~3切れ(1切れ100~110g)
サラダ油大さじ1/2

(たれ)
砂糖大さじ2
しょうゆ大さじ2
大さじ2
みりん大さじ2

 
<作り方> 調理時間15分ほどPT15M / 写真:(小)2切れ・たれ半量


1.ぶり(2~3切れ)は表面の水けを紙タオルで押さえます。フライパンにサラダ油(大1/2)を中火で熱し、ぶりの表側を下にして並べ焼き色がついたら裏返し、フライパンに残った脂を紙タオルで拭き取ります。 レシピ ぶりの鍋照り
 

※盛り付けたとき上になる側を先に焼きます 

※脂を除いておけば、魚独特のにおいも気にならず、たれの「のり」もよくなる

2.いったん火を止めて、たれの砂糖(大2)、しょうゆ(大2)、酒(大2)、みりん(大2)を加え、軽く混ぜて再び火をつけます。 レシピ ぶりの鍋照り
 
※2切れでも3切れでも、たれの分量は同じでよい

やさしく煮立つ程度の、ごく弱火にし、ふたをして5分間ほど火を通します。 レシピ ぶりの鍋照り
 

※蒸し焼きにするので、身がふっくら

3.ふたを取って中火にし、切り身を裏返し、たれをすくってかけます。上下を返し、たれがトロリとしたら器に盛りて、【ぶりの鍋照り】の出来上がり レシピ ぶりの鍋照り
 

※焼けてくると身が割れやすくなるので、そっと裏返しましょう

(私は、青シソ、ゆずの皮を添えました)

●NHKきょうの料理を参考にして、自分なりに作ってみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓