しめじ入りチャーハンきのこ醤添え

kinokojanchahan2009年11月4日(水)
NHKきょうの料理

講師:脇屋友詞

~チャーハン~

一粒一粒が、パラパラにほぐれているチャーハンをマスターしましょう!と、きょうの料理では定番の卵チャーハンを紹介していました。

ポイントは、堅めに炊いたご飯と卵とのからみ!番組ではあっという間に簡単に作ってました。

その卵チャーハンに、きのこのうま味が凝縮した【きのこ醤(ジャン)】を盛りつけたひと品を作ってみました。とっても美味しくてビックリです\(◎o◎)/ 色が怪しげですが、失敗ではありません!あとひく美味しさですっっ\(^o^)/

脇屋友詞シェフの【しめじ入りチャーハンきのこ醤添え】レシピ


<材料> 
2人分


(きのこ醤) 
つくりやすい分量
マッシュルーム…2パック
生しいたけ・エリンギ・まいたけ…各1パック

ごま油(白)…大さじ2


(味付けの調味料)
紹興酒(または酒)…大さじ5
しょう油…大さじ3
スープ…カップ3/4
 (顆粒チキンスープの素を表示通り溶く)
オイスターソース…大さじ1と1/2

ごま油…220ml(白でした)


(しめじ入りチャーハン) 
2人分
堅めに炊いたご飯… 300g
卵 (大)…1個(溶きほぐす)
ねぎ…小さじ1(みじん切り) 
しめじ…1パック(茹でてほぐして長さ3等分くらいに切る)

サラダ油…大さじ1・適宜
塩・こしょう…各適量
しょうゆ…小さじ1


●米は洗って、水に30分間つけて吸水させる。ざるに上げて炊飯器の内釜に入れ、普通に水加減をし、米1合(180ml)につき、水大さじ3を除いて炊く


<作り方>


*きのこ醤を作る*

1.きのこをすべて、薄切りにする(かくはんしやすいように、私は細かく切ってから炒めてます)

2.フッ素樹脂加工のフライパンを温め、多めのサラダ油を入れてなじませ、一度取り出す。

3.フライパンに新たにごま油(白)を入れて強火にし、1のきのこを入れて炒める。

kinokojan14.きのこがしんなりしてきたら、味付けの調味料を加えて、約10分ほど煮る

※きのこの香りとうま味が出てきます

5.4の粗熱が取れたら、ミキサーに移し、ごま油を2,3回に分けながら加え入れてがミキサーにかける

kinokojan6.5をフライパンに戻し入れて、トコトコと沸かしてきのこ醤の完成!

再び粗熱を取り、瓶に入れれば保存も可能です。
・冷蔵庫で約1週間
・冷凍庫で約1か月保存できます

この【きのこ醤(ジャン)】は、白いごはんにも、豆腐と煮ても良いし、焼きそばにもおすすめとのことです★★★


【しめじ入りチャーハン】
の作り方は、続きにです。
 ↓ ↓

 

*しめじ入りチャーハンを作る*
1.フッ素樹脂加工のフライパンを温め、多めのサラダ油を入れてなじませ、一度取り出す。

2.フライパンに新たにサラダ油(大さじ1)を入れて強火にし、溶きほぐした卵を加える。卵の周囲がフワフワしたら、すぐにご飯を卵の上にのせる。

3.手早く返して卵を上にする。卵が焼けて堅くならないうちに素早く返すこと。

4.玉じゃくしの底でご飯を軽くたたきながら、ご飯をつぶさないようにいためる。(フライパンをじかにたたかないよう注意)

5.時々フライパンをふってご飯をほぐすように上下を返す。卵が柔らかいうちにご飯となじませていく。しめじを加えて炒める

6.完全にご飯がほぐれてパラパラになったら、塩・こしょう、しょう油でうすめに味をつけ、ねぎを加えて炒める


*盛り付け*1
7.ボウルにプリン型を伏せて入れ、周りに6のチャーハンを入れて、プリン型の上にもチャーハンをかぶせて、上から強めに抑えて、お皿に逆さまにして盛る

8.プリン型をはずして、できた窪みにきのこ醤を入れて完成!チャーハンを崩しながらきのこ醤ソースと一緒に食べます

シンプル・定番の【卵チャーハン】の場合
 ・卵…2個
 ・しめじ…無し
に材料が変わるだけで、作り方は同じです。

魚のすりみのようなルックスで、もう少し色がキレイだったら・・・と望んでしまいますが、あとひく美味しさでした(⌒~⌒)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓