かぼちゃのニョッキ

レシピ NHKきょうの料理ビギナーズ ニョッキ


2013年9月9日(月)、10日(火)
NHKテレビ

きょうの料理ビギナーズ

~秋の恵み いも・かぼちゃ・きのこ~

NHKきょうの料理ビギナーズでは、「秋の恵み いも・かぼちゃ・きのこ」というテーマ。

『甘くてほっくりかぼちゃを使いこなす』と、かぼちゃを使った【かぼちゃのニョッキ】の作り方を紹介していました。

もちもちの食感が感動的なニョッキよ~と放送してて、美味しそう(*^。^*) かぼちゃがあれば作れます。早速、作ってみました!

スゴイかぼちゃ色。かぼちゃ100%ですからねぇ。粉チーズのコクとモチっとした食感がいい~!(^^)!  

実は、1度目は失敗しました(T_T) ニョッキの形になりませんでした\(◎o◎)/!レシピより若干小麦粉を減らしたことが、失敗の原因だったようです(^_^;) 

小麦粉を追加して、どうにか成功。もともと半分の量を作って、その半量を失敗しました。結果0.5人分しか作れませんでした(上写真)が、口に入ることが出来て良かったです(^_^;) 

≪追記≫
しめじなどボリュームある【カボチャのニョッキ】 こちらもご参考にどうぞ(ノンストップ!麺’sイタリアンより)

【かぼちゃのニョッキ】レシピ

<材料> 2人分

かぼちゃ…1/4個(450g)
小麦粉…80~100g
塩…少々

バター…大さじ2
粉チーズ…大さじ2~3
塩・粗びき黒こしょう…各少々

【かぼちゃのニョッキ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:1/2量ほど

1.かぼちゃ(1/4個450g)は3cm幅に切り、皮を切り落とし大きめに切り分けます。

※かぼちゃを倒して、皮を少しずつ切るとよい

広告

2.鍋に水(カップ1/2~2/3)、1のかぼちゃを入れて中火にかけます。

煮立ったら弱火にして蓋をして10~12分間ほど蒸しゆでします。 

3.ザルに上げて、湯きりし再び鍋に戻し入れて弱火で水気を飛ばしながらつぶします。

放送:木べらでつぶしていました。 
 

※水分を飛ばしながら、つぶします

4.粗熱がとれたら、ボウルに移して塩(少々)、小麦粉(80~100g)を2度に分けて加え混ぜ合わせます。

放送:手で混ぜ合わせてました。 


※小麦粉は、2度に分けて加えると混ぜやすい

5.まな板に小麦粉(適量)をふって、生地を2~3等分に分けて、両手で転がしながら棒状に伸ばし、端から長さ4�pに切ります。 

6.大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし(2リットル)、中火で茹でて、浮き上がってきてからさらに1分間ゆでてボウルにあげます。 

7.ボウルにバター(大2)を加えてからめ、粉チーズ(大2~3)、塩・粗びき黒こしょう(各少々)を加えて混ぜ【かぼちゃのニョッキ】の出来上がり

放送:お皿に盛り付けて、粉チーズ、黒こしょう(各適量)をトッピングしてました。 

≪1度目失敗しました≫
 
右写真:茹であげたら形が崩れ気味で、液状化してしまいました(+_+)  
⇒小麦粉が足りなかったようです。残りの生地に再度、小麦粉を追加して練り直し茹でました。

●放送を見て、参考にしながら作り方をあげました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

One Response to “かぼちゃのニョッキ”

  1. 林田学 より:

    林田学です。
    今回は、ブログを読んで感動しました。
    突然のコメントすいません。
    また、読みに来ます。
    林田学でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓