いちごのクリスマスケーキ

x'mascake2009年12月22日(火)
NHKきょうの料理

講師:小菅 陽子

ブログを始めてから、いろんなおかず・スイーツを作ることが増えて、今年は初めて【クリスマスケーキ】にも挑戦してみました!ハンドミキサーが無いので、ひたすら手動で泡立てましたが、スポンジ生地の膨らみがいまいちでした(>_<) 

【いちごのクリスマスケーキ】レシピ

<材料>  直径18cmの丸型1台分(写真15cm型)

つくりやすい分量

(スポンジ生地)
卵…3コ
砂糖…90g
薄力粉…90g
バター(食塩不使用)…60g

(シロップ)
砂糖・水…各大さじ2
オレンジリキュール…大さじ1

(仕上げ用)
生クリーム…400ml(脂肪分45%以上・植物性脂肪…各200ml)
砂糖…大さじ3~4
バニラエッセンス…適宜
いちご…1パック

あれば
ミントの葉(生)・レッドカラント…各適宜

*脂肪分の高い生クリームだけを使う場合*
堅くなるのが早いので泡立て器で泡立て、手早く作業すること

<作り方>
●丸型にバター(食塩不使用。分量外)をぬり、冷蔵庫で冷やしておく。
●バターは湯せんにかけて溶かしておく。
●オーブンは170℃に温めておく。
 
*スポンジ生地を作る*
1.ボウルに卵を割り入れてハンドミキサーの低速で溶きほぐし、砂糖を加えて細かい泡が立つまで混ぜる。

2.約70℃の湯をはった鍋に、1のボウルを重ねて湯せんにかけ、1~2分間泡立てる。

3.人肌くらいに温まったら湯せんからはずし、高速で泡立てる。生地をすくい上げると、リボン状にゆっくりと落ちて跡が残るくらいまでしっかりと泡立てる。

4.泡立て器にかえ、全体を混ぜてキメを整える。

5.薄力粉をふるい入れ、ゴムべらにかえ、底からすくい上げるようにして、粉けがなくなるまで混ぜ合わせる。

6.温かい溶かしバターをゴムべらで受けながら回し入れ、底からすくい上げるようにして、さっくりとよく混ぜ合わせる。

7.型を冷蔵庫から出し、6を流し入れる。ボウルの内側に残った生地もきれいに取って、端のほうに入れる。こうすると、焼いたときに均一にふくらむ。

8.170℃のオーブンで約30分間焼く。中央に竹ぐしを刺し、生地がついてこなければ焼き上がり。粗熱が取れたら型から出してケーキクーラーに逆さまに置き、乾燥しないように型をかぶせて冷ます。
※冷蔵庫で一晩おくと、生地がなじんで切りやすくなる。

広告

ここから先、仕上げについては、続きに書きました
 ↓  ↓

 

広告

*仕上げ*
●シロップをつくる。耐熱容器に砂糖と水を入れ、電子レンジ(500W)に約40秒間かけて砂糖を溶かす。オレンジリキュールを加えて混ぜる。
●いちごはヘタを取って縦半分に切る。x'mascake1

9.スポンジ生地を回転台にのせ、台を少しずつ回しながら厚みを半分に切る。
(中央が“山”に膨らんだので、平らになるよう切りました)

10.2枚のスポンジ生地の断面に、はけでシロップをぬる。

11.ボウルに生クリーム、砂糖を入れ、ボウルの底を氷水で冷やしながら、泡立てる。すくったときにトロトロと落ちるくらいゆるめに泡立てる(七ぶ立て)。好みでバニラエッセンス数滴を加えてもよい。
※脂肪分45%以上・植物性脂肪の半量ずつ使うことで、クリームがなめらかになり、成形しやすくなるので、初心者でも失敗なく仕上げられる。

12.下段のスポンジ生地に11の生クリームをのせ、パレットナイフで均一にぬり広げる。x'mascake2

13.いちごの切り口を下にして全面に並べる。中央はあとで切り分けやすいように、少し透き間をあけておく。
(イチゴはフチより少し内側に、おしりを外側に向けて、のせると崩れにくいそうです)

14.さらに生クリームをのせ、いちごの透き間に詰めるように平らにぬる。

15.上段のスポンジの断面を下にして重ね、表面に生クリームをのせて平らにする。

16.周囲に流れ落ちたクリームで側面もぬっていく。パレットナイフを立てて側面に沿わせ、台をゆっくりと回しながらぬる。台を少し回してはパレットナイフで軽く押さえつけ、縦に筋をつける。

17.残った生クリームを、すくった時に、ぽったりと落ちるくらいに泡立て(八ぶ立て)、丸形の口金をつけた絞り出し袋に入れる。ケーキの縁の8か所に、等間隔に丸く絞る。絞ったクリームの内側にいちごを飾る。あればミントやレッドカラントも飾る。

生クリームもまともに泡立てたことがなかったので、扱いに手こずり波型でごまかしました(^_^;) 味は良かったので、まずまずということで・・・★


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓