まぐろのづけ丼・冷やしみそ汁




2013年6月20日(木)
NHKテレビ

あさイチ

あさイチごはん「解決!ゴハン」

ゲスト:斉藤辰夫さん(料理研究家)

「暑い日でも、ご飯がススム和食を教えて!」というお悩みの方へ、NHKあさイチごはんでは、【まぐろのづけ丼】を紹介していました。

蒸し暑い季節、ごはんがすすんで栄養もとれる和食!ありがたいレシピです。まぐろをサッと湯にくぐらせるだけ。

合わせて紹介された【豆腐と夏野菜の冷やしみそ汁】も、味噌をといたら後は冷蔵庫で冷やしておくだけ。とっても簡単&楽ちんでキッチンに居る時間が短く済みました\(^o^)/

冷えた赤みそが、とっても新鮮!夏の暑さには、赤みそが合うそうです。ちなみに、寒い冬には「白みそ」とか。

また、【まぐろのづけ丼】は、赤身がオススメ!カツオでもOK!と放送していました。この夏、また作って暑~いキッチン地獄を乗り越えたいと思いますっ!!

【まぐろのづけ丼】レシピ

<材料> 2人分

まぐろ(刺身用)・・・1さく(200g)※かつおでも可
貝割れ菜・・・1ワ(根を切る)
ごはん、刻みのり・・・各適量

(漬けだれ)
酒、みりん、うす口しょうゆ・・・各大さじ1
しょうゆ・・・大さじ2
しょうが汁・・・大さじ1
すりごま(白)・・・大さじ2

【まぐろのづけ丼】【豆腐と夏野菜の冷やしみそ汁】の作り方を 続きに書きました。
  ↓   ↓


【まぐろのづけ丼】

<作り方>

1.鍋に湯を沸かし、まぐろ(1さく200g)を入れて表面が白っぽくなったら、氷水に入れて冷やします。

完全に冷たくなったら、紙タオルで水けをふき取ります。 

2.ボウルに漬けだれの酒、みりん、うす口しょうゆ(各大1)、しょうゆ(大2)、しょうが汁(大1)、白すりごま(大2)を合わせて混ぜ合わせます。

3.まぐろを1�p幅のそぎ切りにして、漬けだれに漬け、落としラップをし常温で15分間漬け、さらに冷蔵庫で1時間漬けます。

※常温で15分間漬けおくことで味が入りやすい

4.丼にごはん(適量)をよそい漬けだれをかけ、刻みのり(適量)を散らし、漬けたまぐろを盛り付け、貝割れ菜(1ワ)を散らして【まぐろのづけ丼】の出来上がり。

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

【豆腐と夏野菜の冷やしみそ汁】

<材料> 2人分 

絹ごし豆腐・・・1/2丁
みょうが・・・3コ
きゅうり・・・1/2本
粉ざんしょう・・・少々

だし・・・400ml
赤みそ・・・40g

<作り方>

1.鍋にだし汁(400ml)を入れて火にかけ、温まったら、みそ(40g)を溶きのばし、沸騰直前に火を止め、容器にあけて冷まし、冷蔵庫で冷やします。 

※冷蔵尾で、2,3日保存可能です。

.豆腐(1/2丁)は食べやすい大き1�p角くらいに切ります。

みょうが(3個)はせん切り、きゅうり(1/2本)は小口から薄切りにします。 

(私は、豆腐を手で大きめにしました)

3.器に豆腐、みょうが、きゅうりを入れて、みそ汁をはって【豆腐と夏野菜の冷やしみそ汁】の出来上がり

好みで、粉ざんしょうをどうぞ

●放送を見て、参考にしながら作り方をあげました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓