ぶり大根

レシピ ぶり大根2014年1月8日(水)
NHKテレビ
あさイチ

解決!ゴハン
ゲスト:鈴木登紀子さん(料理研究家)

ぶりがおいしい季節。初心者でも簡単に作れる【ぶり大根】の作り方を教えて!というお悩み&リクエスト。

NHKあさイチでは、”ばぁば”こと鈴木登紀子さんが、ぶりの下ごしらえなどをふまえながら、こっくりと美味しそうな【ぶり大根】を作っていました。

実際に作ってみました!!

<見た目>
よく味が染みているのが、見た目に分かります。
色鮮やかな大根の葉と柚子の皮が、よく映えてます!

<感想>
ぶり大根は、旨みの染み込んだ大根が主役!
と聞いたことがあります。
それだけに、大根をもっと大きめに切るべきでした。

大根をそぎ切りにするレシピです。
でも、慣れなくて思ったような形に切ることが出来なくて(^_^;)

やや小さい分、味の染み込みがいいですが食感がイマイチでした。
クタッというのか、ふにゃとした部分もありました。

私は、歯応えが少し感じられる方が好みです。
皆さんは、大根の柔らかさ、どれ位がお好みですか?
私は、おでんでも同じように、少し大根らしい食感が残ってる方が、好きなんですよねぇ♪

大根の歯応えの話で長くなりましたが、味の感想ですが見てのとおり。
こっくりと甘辛い煮汁がよく染みて、ご飯のすすむ一品でした。
目にも香りもいい柚子と大根葉は、何気に外せないトッピングです!


■■■ ばぁばの【ぶり大根】レシピ ■■■

<材料> つくりやすい分量

ぶり(切り身)3切れ(300~360g)
大さじ1
大根(正味)800g(約1本)
大根の葉適量
ゆずの皮(せん切り)適量
しょうが(皮付き、薄切り)2かけ(30g)
昆布のだしカップ3

(A)
酒、砂糖、しょうゆ各大さじ4
みりん大さじ3
ひとつまみ

 
<作り方> 調理時間30分ほどPT30M / 写真:やや少なめ


1.大根(正味800g約1本)は皮をむき、回しながらそぎ切りにします。水に放ち、ザルに上げて水けをきります。レシピ ぶり大根

大根の葉はサッと塩ゆでし、縦に切り目を入れてから繊維を断つ方向に切り、みじん切りにして水けを堅く絞っておきます。 

※大根は茹でる場合は輪切りで。今回は生のまま煮るので削ぎ切りにする

2.ぶり(3切れ300~360g)は1切れを3つに切り分け、ザルに並べ塩(大1)を上から両面にふります。
たっぷりの熱湯を上から回しかけ、表面が白く色づいたら、すぐに氷水にとり、残ったウロコや血合いなどを取り、ザルに上げて水けをきります。 レシピ ぶり大根
 

※ぶりは熱湯をかけ「霜降り」することで、くせをやわらげる

3.大きめの鍋にそぎ切りした大根、よく洗い皮付きのまま薄切りにしょうが(2かけ30g)、2のぶりをのせるように入れ、昆布だし(カップ3)とAの酒、砂糖、しょうゆ(各大4)、みりん(大3)、塩(ひとつまみ)を加えて強火で煮ます。 レシピ ぶり大根
 
 

4.煮立ったらアクを丁寧に取り、落としぶたをし、強めの中火で煮ます。 レシピ ぶり大根

煮汁の量が1/3程度に減ったら、具を上下に返し、落としぶたをせずにさらに煮ます。 レシピ ぶり大根
 

5.煮汁が少なくなったらバットに上げ、器へ盛りつけます。1の大根の葉と千切りしたゆずの皮(適量)を散らして、【ぶり大根】の出来上がり

●NHKあさイチを参考にして、自分なりに作ってみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓