なすのほたほた煮

nasuhotani2010年9月21日(火)
NHKあさイチ

~「きほんのき」 旬をおいしく!なすのほたほた煮~

ゲスト:鈴木登紀子さん(料理研究家)

「なすを優しく弱火で煮ていくことを“ほたほた煮”と言うのよ」と、“ばぁば”こと鈴木登紀子さんが、なすを使ったひと品を紹介していました。

「冷たいのも美味しさの1つ」と、1日冷蔵庫で煮汁をよくしみこませるところがポイント★★★

せっかちに半日ほど冷やしただけですが、ばぁばのようにやさしくホッとする味でした。

【なすのほたほた煮】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
 ↓ ↓

【なすのほたほた煮】レシピ

<材料> 4人分

なす・・・6本

水・・・カップ6
 焼き干し・・・5匹
 酒・・・大さじ1

酒・・・大さじ3
しょうゆ・・・大さじ4
塩・・・小さじ2分の1

しょうが・・・1かけ

(酢どりみょうが)
みょうが・・・2本
酢、だし・・・各大さじ2
砂糖・・・大さじ1
塩・・・少々

<作り方>

1.鍋に水と焼き干しを入れ、酒を加えて約1時間おく。nasuhotani1

2.なすはヘタを切り落とす。皮に浅く細かく、縦の切り目を入れ、切ったものから水に放す(写真右)。

3.なすをザルにあげて1の鍋に移し、強火にかけて、酒・しょうゆ・塩を加える。
煮立ったら弱火にし、落としぶたをして30分間ほどゆっくりと煮る。nasuhotani2
火を止めて、そのまま冷ます。

4.冷めたなすを煮汁、焼き干しごと容器に移し、フタをして冷蔵庫で一晩おく。

5.なすを器に合わせて盛り、俵積みにして、おろししょうがをのせ、食べやすく切った酢どりみょうがを添える。
(みょうがは作ってません)

●または、なすを切らずに大鉢に盛り、つゆしょうが(皮をむいたしょうがをすりおろし、搾ったもの)をふり、針しょうがを(せん切りにして水にさらす)添える。


*酢どりみょうがを作る*

1.みょうがを縦半分に切って熱湯にくぐらせ、たっぷりの塩をまぶす。
5~6分間おいて水で洗い、酢・だし・砂糖・塩を合わせたものに30分間浸す。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓