いわしのかば焼き




2013年6月24日(月)
NHKテレビ

あさイチ

あさイチごはん「解決!ゴハン」

ゲスト:神田裕行さん(日本料理店店主)

NHKあさイチごはんでは、旬のいわしを使って【いわしのかば焼き】を作って紹介していました。ご飯の上にのせて丼ぶりで放送していました。

我が家でも、作ってみました【いわしのかば焼き丼】。たまにお魚を食べないと、肉料理ばっかりで偏っているのでね・・・(^_^;)

開きを買ってきて、手間を省いたつもりですが・・・いわしの小骨は、半端なく多かった(T_T) 小骨なのでそのままでも大丈夫なのかもしれませんが、気になりだしたら止まらなくって。

いわしの身がボロボロ状態にちかくなってしまいましたが、なんとか形を維持(笑)。かば焼きっぽく仕上がりました!! 表がカリッと香ばしいかば焼きに、甘辛だれでが合ってご飯がよくすすみましたっ!(^^)! 

がっかりした様子の主人も(←肉好き)、『おっ、うまいなぁ』と満足気でした。下ごしらえで、ちょっと手間がかかっても、完食してくれて何より(*^。^*)

ちなみに、薄力粉でもカリッと焼きあがりました。たれの三温糖は普通の上白糖で。たまりじょうゆは、しょうゆ麹を使いました。代用が多かったですが、それなりに美味しかったです。

【いわしのかば焼き】レシピ

<材料> 2人分

いわし・・・3匹
中力粉・・・適量(なければ薄力粉でも可)
ごま油・・・小さじ1

(たれ) 作りやすい分量
酒・みりん・・・各270ml
三温糖・・・180g
しょうゆ・たまりじょうゆ・・・各200ml

【いわしのかば焼き】の作り方を 続きに書きました。
  ↓   ↓


<作り方> 写真:いわし2匹、たれ1/3量ほど

*たれを作る*
1.鍋に酒、みりん(各270ml)を入れて煮きり、アルコール分を飛ばします。

(レシピの1/3量ほど作りました。丼ぶり2人分に十分でした)

2.火を止め、三温糖(180g)を加えて溶かします。しょうゆ・たまりじょうゆ(各200ml)を加えて出来上がり

(私は、上白糖を使用。たまりじょうゆの代わりに、しょうゆ麹を代用しました) 

※鶏の照り焼きなどにも使えます

*かば焼きを作る*
3.いわし(3匹)を開いて、まんべんなく中力粉をまぶします。

(私は、薄力粉をまぶしました)

※中力粉をまぶすことで、カリッと焼きあがります

4.フライパンにごま油(小1)を熱し、いわしを皮の面から焼きます。

途中、出てきた脂をふき取りながら、両面しっかり焼き色がつくまで焼きます。 

5.火を消して、1のたれを加え、再火し少し煮詰まる程度にからめて【いわしのかば焼き】の出来上がり

●放送を見て、参考にしながら作り方をあげました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓