いなりずし

レシピ いなりずし2014年4月17日(木)

NHKテレビ

あさイチ

解決!ゴハン

ゲスト:大原千鶴さん(料理研究家)

NHKあさイチでは、「いなりずしを美味しく作りたい!」というリクエストに応え、大原千鶴さんが【いなりずし】を作っていました。

油揚げにくるむだけのシンプルな【いなりずし】も気軽でいいですが、今回は彩りよくトッピングします。

GWも突入しました!来月には「こどもの日」もあり、行楽シーズンでもあります。見た目も楽しめるお弁当やおもてなしにも重宝しそうな一品。

実際に作ってみました!!

<見た目>

エビの赤に絹さやの緑、いり卵の黄色と、これだけ彩りよくトッピングすると華やかないなり寿司です(*^。^*)

見た目が、普段の料理とは別格。

これは、「いざ!」という時の定番にピッタリ!

「どうした?スゴイなぁ!」 

と、主人には、今までで1番なほどに驚かれました。 
どうやら、とっても手が込んで見えるようです! 


<感想>

前もって時間のある時に、それぞれ作りおきしておくこと。

を放送では大原千鶴さんが、お勧めしていました。

なので、私もいっきに作らずに、少しずつ下ごしらえし、

仕上げの段階では、それほど大変でもなく作ることが出来ました。

「作りたての温かさを食卓に」

という料理ではないところが、いいですよね(^_-)-☆

ゆったりとした気持ちで作れます。

とは言え、お揚げに寿司飯を詰める時に、手のひらに米粒がくっついて、

実はやや手こずりました(^_^;)

放送では、「くっつかずに便利ですよ」と手にビニール袋をはめて詰めていました。

今度からは、この方法で詰めてみようかと思います。

ちなみに、私は平たい皿に、【ちらし寿司】のように盛りつけてもみました(上写真:右奥)。

食べやすくて主人には、こちらの方が好評でした。

お弁当には【いなりずし】で、おウチでは【ちらし寿司】というのも、ありかと思います。

エビの代わりに、気軽に桜でんぶで華やかさの演出もいいかもデス。

彩りよく、甘さをプラスしてくれるから、お子さんにも喜ばれそう♪♪♪

これからの連休に重宝しそうなレシピです。

広告


■■■ 【いなりずし】レシピ ■■■

<材料> 20コ分

すし揚げ10枚

にんじん(せん切り)60g

干ししいたけ(水で戻して薄切り)2枚

3合(540ml)

だし昆布(10cm角)1枚

600ml

(煮汁)

300ml

みりん・しょうゆ各大さじ4

砂糖大さじ6

(すし酢)

米酢大さじ6

砂糖大さじ3

小さじ1

<作り方> 調理時間30分ほど(ご飯の炊飯時間を除く)PT30M / 写真:1/2量

1.米(3合540ml)は洗って、水(600ml)、だし昆布(10cm角1枚)をいれて炊きます。 レシピ いなりずし

※いなりずし用に水の量は少なめで炊く

2.すし揚げ(10枚)はあとで中を開けやすいように麺棒でしごいてから、熱湯で1分間ほどしんなりするまでゆでて、ザルに上げます。 レシピ いなりずし

●放送:関西のすし揚げは四角。長方形の場合は、半分に切って。とのことでした。

※しごくことで、すし揚げが開きやすく破れるのを防ぐ。下茹でして油を抜くことで、味が染みやすくなる

3.煮汁の水(300ml)、みりん・しょうゆ(各大4)、砂糖(大6)を鍋に入れて沸かし、2のすし揚げを入れて落としぶたをし、強めの弱火で15分間ほど煮て火を止め、そのまま冷まします。
冷めたらすし揚げを取り出しておきます。 レシピ いなりずし

※結構な量の砂糖が入りますが、美味しくなる量なのでレシピ通り作る

広告

4.3の煮汁に薄切りにした干ししいたけ(2枚)と、せん切りにしたにんじん(60g)を入れて3分間ほど煮て火を止め、そのまま冷まします。 レシピ いなりずし

※うまみが残った煮汁で、ご飯に混ぜる具材を煮る

5.1の炊き上がったご飯を飯台に移して昆布を取り出し、すし酢の米酢(大6)、砂糖(大3)、塩(小1)を合わせたものを全体にかけてよく混ぜ合わせます。
4のにんじんと干ししいたけの煮たものを絞ってから混ぜ込み、少し冷まします。 レシピ いなりずし

※具材の煮汁を絞ってから加えることで、ベチャベチャにならない

6.5を小さなおむすびにして(かるく)、3のすし揚げを半分に切って中を広げたものに詰めて、【いなりずし】の出来上がり

※木の芽や下記の飾りをトッピングすると華やかに!

●私は、平たいさらに盛り付けて【ちらしずし】にもしてみました。 レシピ いなりずし

⇒甘辛く煮た工程2の「すし揚げ」を少し刻んで散らしてもよかった。と食後に気が付きました。

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

■■■ トッピングの【れんこんの甘酢あえ】レシピ ■■■

<材料>

れんこん5cm

酢水適量

米酢・砂糖各大さじ2

小さじ1/3

<作り方>

1.甘酢の米酢・砂糖(各大2)、塩(小1/3)を混ぜておきます。

2.れんこん(5cm)は、(皮をむき)縦半分に切り酢水(適量)でゆでます。

3.花形に切り、5mm幅にスライスして1の甘酢に絡めるように漬けて、30分間ほどおきます。

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

■■■ トッピングの【ゆでえび】レシピ ■■■

<材料>

えび20匹

カップ2

小さじ1

<作り方>

1.えび(20匹)は背ワタを取ります。

2.鍋に水(カップ2)、塩(小1)を入れて沸騰させ、えびを入れて1分間ゆでます。ゆで汁につけたまま冷まして殻をむきます。

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

■■■ トッピングの【絹さやのおひたし】レシピ ■■■

<材料>

絹さや10本

だし100ml

薄口しょうゆ小さじ1

<作り方>

1.絹さや(10本)は、ゆでてザルにあげ、だし(100ml)、薄口しょうゆ(小1)を合わせたものに10分間ほど漬けます。飾りやすい長さに切ります。

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

■■■ トッピングの【いりたまご】レシピ ■■■

<材料>

溶き卵4個

だし140ml

薄口しょうゆ小さじ1と1/2

片栗粉大さじ1

サラダ油大さじ1

<作り方>

1.溶き卵(4個)にだし(140ml)、薄口しょうゆ(小1と1/2)、片栗粉(大1)を入れて、サラダ油(大1)をひいたフライパンでふんわりといります。

●NHKあさイチの放送を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “いなりずし”

  1. まる より:

    いなり寿司が好きですが、いつもなかなか味付けが決まらず参考にさせていただきました。
    1度目は、砂糖がきもち勝つかなぁと思いました。
    2度目は醤油をプラス大1いれてみました。
    美味しかったので、定番レシピになりそうです(*^^*)
    ありがとうございました♪
    またレシピ参考にさせていただきます。

  2. 三ツ星主婦 より:

    まるさん
    うひゃ~好きなだけに、いなり寿司を追求されてるようでスゴイですねぇ!
    定番レシピになりそうということで、よかったです(*^^*)
    こちらこそ、コメントをくださってありがとうございます!(^^)!
    また、覗きにいらしてください励みになります♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓