「【食事】まかない日記」の記事一覧

イタリアンチキンカレー




2013年5月31日(金)

『トマトピューレ』とは、トマトを煮こみ裏漉しした後に煮詰めて濃縮したもの。調べてみました。

先日、【糖質オフ酢豚】で使ったものの、「ほかにどう使おう?」と思ったら、パッケージの裏側に【イタリアンチキンカレー】のレシピが紹介されてました!ヘルシーなカレーのようでこれは嬉しい!

見た目、あれ?普通のカレーのようです(^_^;) パッケージの写真では、もう少しオレンジ色でサラサラっぽい感じなのに。

でも、食べてみたら、少しトマトを感じます。酸味まではいかないけど、従来よりも胃に負担の少ない軽めのカレーです。

我が家では、パセリを混ぜたご飯と合わせて爽快感も出してみました。少量のパセリを買っても、結構な量ありますよね(^_-)-☆

レシピでは20分ほど煮込みますが、私は10~15分くらいでよし!としました。鶏肉がやわらかくておいしかったです(*^。^*) 

【イタリアンチキンカレー】レシピ

<材料> 4人分

鶏もも肉…2枚
タマネギ…1個
ニンジン…1本
ブロッコリー…1株

トマトピューレ…150g
カレールゥ…1/2箱(100g)
オリーブ油…大さじ2
水…3カップ

トマトピューレでヘルシー!【イタリアンチキンカレー】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

(さらに…)

さんまの蒲焼き丼


2011年11月6日(日)

サンマの美味しい時期です。塩焼きのほかに食べ方はないかと【さんまの蒲焼き】を作りました。ご飯の上に盛って丼ぶり【さんまの蒲焼き丼】にしました♪

香ばしく焼けたサンマと甘辛いタレが美味しかったです~(*^。^*) ご飯に合います。サンマをもう少し小さく切って、お弁当のおかずにしてもいい感じ。

1尾を1人分として豪快に作りましたが、3枚下ろしにして2人分として、つまみにしても良さそうです。

より油をカットするなら、タレを別の鍋で温めて絡める作り方もあります。カロリーを抑えられておすすめです。
 

【さんまの蒲焼き丼】レシピ

<材料> 1人分

秋刀魚(開き)・・・1尾
 (塩・・・1つまみ、酒・・・小さじ1)
長ネギ・・・10cm
いんげん・・・3本(下茹で、長さ2等分)

サラダ油・・・大さじ1
小麦粉・・・適量
ごはん・・・1人前
海苔・・・1/4枚
白ゴマ(又は粉山椒)・・・少々

(たれ) 
 しょう油・みりん・酒・・・各大さじ1と1/2
 砂糖・・・大さじ1/2
 水・・・大さじ1

【さんまの蒲焼き丼】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓

(さらに…)

ご飯で食パン・うさぎパン

gohanpan去年、生米からパンが作れる【GOPAN(ゴパン)サンヨー】が、爆発的売れ行きで、ホームベーカリーの中でも1番人気のようですが。

去年の秋にみごと当選!我が家にめでたく届いたホームベーカリー【ツインバードPY-D538】でも、似たものが作れないかなぁ?と炊いたご飯(残り物)を加えて作ってみたら・・・「うまいっ!!」gohanpan1

砕けるから「お米」に気が付きませんが、もちっとしてて、美味しいじゃ~ん!!

ちなみに、玄米はご飯の粒がそのまま残ってよくありませんでした(^_^;)

食パンからチャレンジしていましたが、新年初だけに、干支のうさぎを今日はご飯パンの生地で作ってみました!今年もホームベーカリーが、大活躍しそうです!

米粉を使わない【ご飯で食パン・うさぎパン】レシピ

<材料> 食パン1斤分・うさぎ5個くらい

ご飯・・・100g
お湯・・・150cc
強力粉・・・250g
砂糖・・・20g(大さじ2)
塩・・・4g(小さじ3/4)
バター・・・15g
イースト・・・3g(小さじ1)
gohanpan2
具材・・・チョコ・あんこ・クリーム・いちごジャムなどお好みで

<作り方>

*生地を作る*
1.ご飯、お湯を合わせて、30分以上ふやかし、おかゆ状にします。

gohanpan32.パンケースにイースト以外の材料、1のご飯を入れて、ホームベーカリーにセットします。イーストを専用容器に入れて、取りつけスイッチオン
(【食パン】、もしくは、【生地づくり】コースを選んで下さい)

*成形*
3.打ち粉(強力粉)を軽く振った台の上に生地を取り出し、うさぎ1つに60g・20g・20gずつに分割して丸めます。ぬれ布巾をかけて、15~20分休ませます。

4.打ち粉をした台の上に生地を置き、手のひらで軽く叩いてガスを抜き、麺棒を使って60gは顔用に円形、20gは耳用に伸ばします。

5.顔用の生地には、お好みの具材をのせて、閉じ口をしっかりつまんで包みます。耳の部分もお好みで詰めてもいいかもしれません。

●顔の部分にだけ、割りチョコを入れてみました
gohanpan4gohanpan5

*発酵・焼き*
6.クッキングシートを敷いたオーブン皿に、5を閉じ口を下にしてのせ、耳の部分も並べます。
乾燥しないよう霧吹きをして、35~40℃で約40分ほど発酵させます。gohanpan6

●耳は顔と触れれば焼き上がりは、ちゃんとくっつくようです

7.生地の表面に卵をぬり、オーブン180~200℃で10分~15分焼きます。
粗熱をとったらチョコペンなどで顔を書いて完成

サブコンテンツ

広告

このページの先頭へ

↓