「2009年12月5日」の記事一覧

海鮮あんかけ丼

kaisendon2009年12月3日(木)
フジテレビ
スパイスTV どーも☆キニナル!
キッチンdeSHOW

老舗「たいめいけん」
茂出木浩司オーナーシェフ

ケチャップライスと牛乳のやさしい「あんかけ」が美味しい!洋風の丼ぶりレシピです。白菜などの野菜もたっぷり食べられるのも嬉しいところです★★★

【海鮮あんかけ丼】レシピ

<材料> 2人分

ロールイカ…100g
むきエビ…100g
塩・黒こしょう…適量
白ワイン…大さじ1/2
オリーブオイル…適量
にんにく…大さじ1/2

(ケチャップライス)
バター…大さじ2
トマトケチャップ …大さじ2
温かいご飯…400g
塩・黒こしょう…適量
練りからし…小さじ1/2
水…小さじ1

オリーブオイル…適量
ベーコン…2枚
玉ねぎ…80g
白菜…200g
グリーンアスパラ…2本
パプリカ(赤)…30g
白ワイン…大さじ1
湯…50cc
固形ブイヨンスープ…1個(刻む)
牛乳…300cc
塩・黒こしょう…適量
水溶き片栗粉…適量

黒コショウ・パセリ(みじん切り)…適量

<作り方>
●ニンニクはみじん切り
●ベーコン、タマネギは幅5mmほどに切る。白菜は、葉と芯に分け、ざく切り。グリーンアスパラは、硬い部分を除き、幅1.5cmほどの斜め切り。パプリカは、ヘタ・種を除き幅5mmほどに切る

1.イカは切り込みを入れて、縦2等分に切り、ひと口大に切る。ボウルにイカ、エビを入れて、塩・黒こしょう、白ワインを加えて揉み込む(臭みをとる)

2.フライパンにオリーブオイル、にんにく、1を入れて軽く色が変わる程度炒めて、取り出しておく。

*ケチャップライスを作る*
3.フライパンにバターを溶かして、ケチャップを入れて軽く炒める。ご飯、塩・黒こしょうを加えて炒め、よく混ぜ合わせる

4.練りからしと水を混ぜたものを3のフライパンに加えて炒める。よく混ぜ合わせて、取り出しておく
※ピリッとした練り辛子を加えることで、味が締まり深い味わいになる

*あんかけを作る*
5.フライパンにオリーブオイル、ベーコン、玉ねぎ、白菜の芯、グリーンアスパラを加えて炒める

6.5のフライパンにパプリカ、白菜の葉を加え軽く炒め、白ワインを加える

7.湯、ブイヨンスープ、牛乳を加えて煮立てる
※ケチャップライスに濃厚ミルクあんの組み合わせ。相性抜群&満足感もアップ!

8.塩・黒こしょうで味を調えて、水溶き片栗粉を加えてトロミをつける

9.2のエビ・イカを戻し入れて混ぜ合わせたら海鮮あんかけの完成

10.器に4のケチャップライスを盛り、9の海鮮あんかけをかけて、黒コショウ・パセリをトッピングして完成!

ヘルシーで“おしゃれな丼ぶり”です!ケチャップライスに練り辛子は、初体験!少しピリッとして美味しいですね。「ナポリタン」などにも入れて、ご家庭でも「プロの味に!」なる隠し味だそうです

 

豚肉とザーサイのあんかけそば

zasaisoba2009年11月14日(土)
テレビ朝日

二人の食卓
  ~ありがとうのレシピ~

歌舞伎界から市川亀治郎さんが、初めてでも失敗しないおもてなし中華を大和田美帆さんのために料理初挑戦!していました。たっぷりかけたアツアツとろとろのあんが、麺とスープに絶妙に絡んで、とても美味しそうだったので【豚肉とザーサイのあんかけそば】私も作ってみました

【豚肉とザーサイのあんかけそば】レシピ

<材料> 4人分  
   
豚バラ肉(スライス)…200g 
タケノコ(水煮)…120g 
ザーサイ…80g 
エリンギ…60g 
赤ピーマン…40g 
ほうれん草…80g 
中華生麺…4玉 

(あんの炒め調味料)  
酒…大さじ1 
しょうゆ…大さじ2 
鶏ガラスープ(市販)…180ml 
砂糖…小さじ1 
コショウ…少量 
水溶き片栗粉…大さじ3 
ごま油…大さじ2

(豚バラ肉の下味)  
しょうゆ…小さじ1 
片栗粉…小さじ1 
   
(スープ味付け)1人分  
しょうゆ…大さじ1と1/2 
コショウ…少量 
白ネギ(みじん切り)…大さじ2 
鶏ガラスープ(市販)…300ml

<作り方>

1.タケノコ、ザーサイ、エリンギ、赤ピーマンは細切りにする。ほうれん草も同じくらいの長さに切る

2.豚バラ肉は長めになるよう斜め細切りにし、下味のしょう油、片栗粉を加えて混ぜ、味を入れておく。

3.フライパンに油(大さじ3)を入れ、強火で2の豚バラ肉を少し炒めてから、1のザーサイ、タケノコ、エリンギ、最後に赤ピーマンの順に入れて炒める。

4.ある程度火が通ったら中火にし、あんの炒め調味料の酒、しょうゆ、鶏ガラスープ、砂糖、コショウを入れて味を整える。
※器の中でスープで薄まるので、味は少し濃いめで大丈夫とのこと

5.ほうれん草を4のフライパンに加え入れ、水溶き片栗粉でトロミをつけてごま油を加える。再び強火で一度沸かしてから火を止める。
※水溶き片栗粉は少しずつ入れるのがポイント!

6.丼にスープの味つけの鶏ガラスープ以外の材料を合わせておく。

7.中華生麺を熱湯で袋表示の時間ゆがく。

8.丼に沸かした鶏ガラスープを入れ、7のゆがいた麺を入れる。5のあんをのせて完成!

料理初挑戦!という市川亀治郎さんの手つきは、意外にも手慣れていて驚きでした。あんかけそばは、本格中華料理屋さんのひと品のようで、とっても好評でした★★★

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓