「2009年11月」の記事一覧

中華風とんかつ

chukatonkatu2009年11月25日(水)
フジテレビ
スパイスTV どーも☆キニナル!
キッチンdeSHOW

「スーツァンレストラン陳」
菰田欣也オーナーシェフ

シェフのイチオシ!ベストオブごはんのおかずレシピというテーマで、菰田先生が、豚肉にザーサイなどを詰めて、ボリュームがあってご飯にも合う中華風のとんかつレシピを紹介していました。ソースも中華風というのチャレンジしてみました
 ↓  ↓  ↓
【中華風とんかつ】レシピ

<材料> 4人分

豚ロース肉…4枚(とんかつ用)
塩・こしょう…適量

(中に詰める具)
ザーサイ…大さじ4
長ねぎ…大さじ4
しょうが…大さじ1/2
塩…適量
ごま油…小さじ1

溶き卵…2個分
薄力粉…大さじ5
パン粉…適量

キャベツ…150g
にんじん…40g
大根…120g
塩…適量
ごま油…小さじ2
白いりごま…大さじ1

(中華風ソース)
中濃ソース…大さじ6
トマトケチャップ…大さじ4
水…大さじ4
ラー油…大さじ1

<作り方>
●ザーサイ、長ねぎ、しょうがをみじん切りする
●キャベツ、にんじん、大根は、千切りし水にさらす

1.豚肉の脂身から包丁を入れて、袋状にする

2.豚肉に(切った中にも)塩、こしょうを振るchukatonkatu1

3.ボウルに中に詰める具材のザーサイ、長ねぎ、しょうが、塩、ごま油を入れて混ぜ合わせる
※“薬味ダレ”を肉にはさんでうま味をアップ!

4.2の豚肉の中に、3の具を詰める

5.ボウルに溶き卵、薄力粉を入れて混ぜ合わせる
(粘りが出て、パン粉がつきやすく、時間短縮にもなる)

6.パン粉に霧吹きで水をかけて湿らす
※乾燥パン粉に水をふり、生パン粉のようにしっとりさせることで、サクッとした衣に!

7.4の豚肉に5をかけて衣をつけたら、6のパン粉をつける。170~180℃の油で、5~6分揚げる

8.ボウルにキャベツ、にんじん、大根、塩、ごま油、白いりごまを入れて混ぜて器に盛る(何もつけずに、そのままいただくので味付けを)

9.フライパンに中濃ソース、ケチャップ、水を入れて、ひと煮立ちさせる。ラー油を加えて混ぜる
※ラー油の辛味がアクセント!中華風のソースになる

10.8の器に切ったとんかつを盛り、9のソースを添えて完成!

 
ザーサイのうま味がプラスされて美味しかったです(⌒~⌒)できれば厚めの肉を使って、切り込みや詰める作業を樂に済ませることをおすすめします★★★薄くてやや手こずりました(^_^;)

 

 

 

 

I LOVE☆十六穀米の鶏雑炊

ebichanzosui2009年11月26日(木)
フジテレビ

5LDK
~恋めし~

蛯原友里さんが、5LDKにゲスト出演して、「美容のためによく食べている」という、十六穀米の雑炊を恋めしに作っていました。鶏肉も胸肉を使ってカロリー控えめのレシピです。モデルさんはやっぱり普段からの食事も気をつけているんですねぇ★★★ポイントは、大葉やかつお節をトッピングすること。ちなみに、えびちゃんは梅干しをトッピングしていたようでした~

【I LOVE☆十六穀米の鶏雑炊】レシピ

<材料> 2人分

鶏胸肉…1/2枚
ごま油…大さじ1/2
塩・黒コショウ…少々

水…500cc
鶏ガラスープの素…小さじ2
酒…大さじ1

しいたけ…2枚
十六穀米…2膳分
卵…1個
万能ねぎ…適量

(トッピング)
梅干し・大葉・天かす・かつお節・塩昆布などお好みで~

<作り方>
●鶏胸肉は小さく、しいたけは薄切りに、万能ねぎは小口切りにする

1.鍋にごま油を熱し、鶏肉を炒めて塩・こしょうで味付けする

2.1に水と鶏ガラスープの素、酒を加えて煮立てる

3.しいたけを2の鍋に加える

4.十六穀米を3の鍋に加えて、煮立ったら溶き卵を加える

5.器に盛り付けて、万能ねぎをのせて完成!お好みのトッピングをどうぞ

私は、写真撮影後に「塩昆布」をトッピングしていただきました。十六穀米の“黒豆”などが、結構食べ応えがありました(⌒~⌒) また、同じように、残ってしまった雑穀ごはんのおいしい活用法です。「はくばく」さんのサイトでみつけて作ったものです。よろしかったらどうぞ~

【十六穀ごはんのしば漬けチャーハン】レシピ

<材料>

十六穀ごはん(炊飯)…お茶碗3杯 16kokuchahan
しば漬け(みじん切り)…大さじ4~5
ねぎ(みじん切り)…大さじ2
ごま油…大さじ2
しょうゆ…少々
 
<作り方>
●しば漬け、ねぎをみじん切りする

1.フライパンにごま油をひき、ねぎを炒めます。
 
2.しば漬けを加えてしんなりしたら、ごはんを加えて炒め合わせます。

3.味を確認してから醤油で味を調整して完成!

十六穀ごはんとしば漬けのあっさりとしたチャーハンで、朝に夜におすすめです★★★

キノコの秋ソースパスタ

kinokopasta2009年11月15日(日)
テレビ朝日
ウチゴハン

今回は、ゲストの川越達也シェフが、旬のキノコを使った万能ソースのレシピを伝授、このソースを使って“キノコの秋ソースパスタ”を紹介してくれました! このキノコのソースは、アレンジしてお魚やリゾットにも使える便利なソースで、沢山作って冷凍庫に保存することもおすすめだそうです★★★

【キノコの秋ソースパスタ】レシピ

<材料>  4人分      
 
(きのこソース)
オリーブオイル…適量
スライスにんにく…4片
赤唐辛子…2本
タマネギ…1個
塩…少々
 
えのきだけ…100g(1パック)
しめじ…200g(2パック)
シイタケ…200g(2パック)
エリンギ…200g(2パック)
塩…少々
ベーコン…40g
コンソメ(顆粒)…小さじ1と1/3
お湯…200ml
 
塩…水に対して1%
パスタ…240g
 
(パスタ用・調味料)
キノコソース…300g
茹で汁…160ml
生クリーム…40ml
バター…20g
黒コショウ…少々
パルメザンチーズ…大さじ4
オリーブオイル…小さじ4
 
パセリ…適量
パルメザンチーズ…適量

<作り方>

*きのこソースを作る*
1.フライパンにオリーブオイルをひき、スライスしたニンニク・赤唐辛子を炒める。香りが出てきたら、スライスしたタマネギを加え炒め、塩を加える。(強火)kinokopasta1
※タマネギを強火で炒めると、短時間で香ばしさを引き出せる!

2.さらに、えのきだけ・しめじ・シイタケ・エリンギ・塩を加え、香ばしく焼けてきたら、ベーコンを加える。(強火)
※ベーコンを加えることにより、コクとうま味がアップする!

3.コンソメ(顆粒)をお湯に溶かし、2と共に、ミキサーにかけてソースの完成!

*仕上げ*kinokopasta2
4.沸騰したお湯に塩を加え、パスタを茹でる。

5.フライパンに、3のキノコソース・パスタの茹で汁・生クリーム・バター・黒コショウを合わせ、4の茹であがったパスタを加え、火にかけながら和える。(中火)

6.火をとめ、パルメザンチーズ・オリーブオイルを加える。器に盛り付け、パセリ・パルメザンチーズをかけて完成!

美味しかったです~(⌒~⌒) しか~しっ!『きのこ醤』 に続く、このキノコのソースは、「色が悪く」て、あやしげですーーーっ(;´Д`) どちらも美味しいのですがぁぁぁ
【しめじ入りチャーハンきのこ醤添え】⇒レシピはこちらです

サブコンテンツ

広告

このページの先頭へ

↓