「2009年10月」の記事一覧

さば缶と大豆のドライカレー

sabadrycurry2009年10月27日(火)
NHKきょうの料理プラス

管理栄養士・医学博士:本多京子さん

~アイデアカレーで免疫力UP~

さばと大豆の缶詰を使ってたんぱく質(動物性と植物性)を摂って免疫力をアップ。グリンピースやスライスアーモンドで食物繊維、ビタミンが摂れて腸を整えてくれて、たまねぎ・カレー粉で体温を活性化する!と健康な体つくりに至れり尽くせりのレシピです。

【さば缶と大豆のドライカレー】レシピ  
 
<材料> 2人分

さば(缶詰。水煮)…1/2缶(100g)
大豆(缶詰。ドライパック)…50g
たまねぎ…1/4コ(50g)
グリンピース(冷凍)…大さじ2

【A】
にんにく(みじん切り)…(小)1かけ分
しょうが(みじん切り)…小さじ1
オリーブ油…大さじ1

カレー粉…大さじ1

【B】
トマトケチャップ・粉チーズ…各大さじ1

ご飯…茶わん2杯分
パセリ(みじん切り)…適量
スライスアーモンド…大さじ1
(塩・こしょう)

※同日放送「きょうの料理」では、同レシピを「ターメリックライス」で紹介していました
⇒私は、ターメリック(大さじ1)を炊飯器で一緒に炊きました

 
<作り方>
●さばの缶汁をきっておく。身と汁を分けて取っておく

1. たまねぎはみじん切りにして耐熱皿に平らに入れ、ラップをしないで電子レンジ(500W)に1分~1分30秒間かける。

2.1とAを鍋に入れ、きつね色になるまでいため、カレー粉とさばの身を加え、くずしながらいためる。

3.Bと大豆、グリンピースを凍ったまま加え、3~4分間いため、塩、こしょうで味を調える。
※粉チーズでコクを!
※パサついて水分が欲しい場合には、サバ缶の取っておいた汁を使って調節

4.ご飯にパセリのみじん切りを混ぜて皿に盛り、アーモンドを散らし、カレーを盛って完成!

魚(サバ)臭さも、カレーの味で気にならず美味しくいただけるひと品です。缶詰を使うことであっという間に作れて、これはとっても嬉しいレシピです★★★

 

 

スパゲッティ・ナポリタン

spaghetti Napolitana2009年10月29日(木)
テレビ朝日

上沼恵美子のおしゃべりクッキング
 テーマ”500円で満足”

ゲスト・上島竜兵さん
 
昭和の喫茶店を思い出すようなスパゲッティ・ナポリタンのレシピを紹介していました。“涙が出るほど懐かしい味”と上沼恵美子さんを喜ばせた「懐かしい味」のポイントは、「砂糖」と「ウスターソース」のようです。
 
 
【スパゲッティ・ナポリタン 】レシピ

<材料>  4人分

スパゲッティ…320g
ベーコン(薄切り)…100g
ピーマン…4個
タマネギ…1個
ニンニク…1片

砂糖…小さじ1
ウスターソース…小さじ1
トマトケチャップ…1/2カップ
ヴァージンオイル…適量
塩…適量
コショウ…適量

<作り方>
 
1.ベーコンは1cm幅に切り、ピーマンは種を取って5mm幅に切り、タマネギは薄切りにし、ニンニクは半分に切って芽を取り、叩きつぶす。
 
2.たっぷりの熱湯に約1%の塩を入れ、スパゲッティをゆでる。spaghetti Napolitana 1

3.フライパンにヴァージンオイル、ニンニクを入れて火にかけ、香りが出たら、ベーコンを入れて炒め、タマネギを加えて炒め、ピーマン、砂糖、ウスターソースを加えて炒め、塩、コショウをして全体にからめる。
※ピーマンはサッと炒めて食感を生かすspaghetti Napolitana 2

4.2人分ずつ作る。3にゆで上がったスパゲッティを加えて炒め、ケチャップを加えてさらに炒め合わせ、器に盛って完成!
※ケチャップは仕上げに加え、炒めて香ばしさを出す

『砂糖&ウスターソース』そして、『ケチャップを最後に加える』調理法で、いつもより味が早くきまって、美味しかったです(⌒~⌒) ウスターソースのチカラでしょうか・・・
 

目玉焼き&だし巻き卵

fujimoribento2009年10月28日(水)
TBSテレビ
時短生活ガイドSHOW

豪華な中華5品をなんと20分で作り上げた「時短料理王こと品川祐さん」に、対抗?続いて、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんが、10品もの豪華行楽弁当に挑戦していました!その中から今回の驚きは、1個の卵から2個の目玉焼きを作るワザです!「得した気分」で、お弁当にはもちろん、ハンバーグのトッピングなどにもおすすめです★★★

【目玉焼き】藤森流時短レシピ
 
<材料> 4個分

冷凍卵 …M2個
タマネギ…4枚 (輪切り)
塩・こしょう …適量

medamayaki1
<作り方>

1.殻がついたまま冷凍した卵を水に浸け、包丁で切れるくらいまで少し溶かしておく。
(ヒビが入りますが、大丈夫です)

2.タマネギを幅5mm程度の厚さに輪切りにし、4つの輪をつくり、油を引いたフライパンに並べる。
※タマネギを使うことで、隣同士のくっつきを防ぐmedamayaki2

3.卵を殻がついたまま縦に半分に切り、殻を外して、殻のついていた方が下になる様にタマネギの中に落とす。
※目玉焼きを素早く数多く作る時短テク!⇒冷凍卵なら半分に割れる上、1個の卵で2個の目玉焼きができる!

4.少量の水をさし、蓋をして焼く。塩・こしょうで味付けて完成!

火を使わずに電子レンジで簡単! 【だし巻き卵】 の作り方は、続きにあげておきます
 ↓ ↓

(さらに…)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓