照り焼きつくねバーグ

レシピ 栗原はるみ2014年5月12日(月)

~照り焼きハンバーグ~

栗原はるみさんのサイト『ゆとりの空間』の中から、【照り焼きつくねバーグ】【ホタテとたけのこごはん】と一緒に作ってみました。

焼き鳥のつくね生地を、かなり大きめに成形します。大きく焼くことで中はふわふわ。

軟骨も加えてプチプチとした食感も楽しむレシピです。

実際に作ってみました!!

<見た目>

私は、食べやすく火の通りも早くしたかったので、2等分のところを4等分にしました。

本来より小さめです。

この2個を1個に成形するとなると・・・本当に大きな照り焼きハンバーグです\(◎o◎)/!

ハンバーガーなどに合いそうかも!(^^)!

<感想>

軟骨が手に入らなかったので、玉ねぎだけで作りました。

本来より小さめに作ったこともあって、食感がかたくなるか?と少し不安でしたが、

それほど気にすることなくいただけました。

付けあわせには、食感のいいスナップえんどうのバター炒めを、

と栗原はるみさんは、おすすめしていました。

旬の野菜で春らしいですね(^_-)-☆

私は、塩茹でしたインゲンとミニトマトを添えました。

写真には写してませんが、私は温泉卵を添え(のせ)ました。

とろりとした黄身と絡ませて、つくね感もプラスしました。

たけのこご飯と合わせて、大大大満足の夕飯でしたぁ\(^o^)/

栗原はるみさんの【ホタテとたけのこごはん】⇒レシピは、こちらです

 

広告


■■■ 栗原はるみさんの【照り焼きつくねバーグ】レシピ ■■■

<材料> 2人分(大2個) 

鶏ひき肉300g

鶏の軟骨50g

玉ねぎ1/4個(50g)

大さじ1

薄力粉大さじ1

広告

小さじ1/3

こしょう少々

サラダ油少々

(つくねのたれ)

しょうゆ1/4カップ

みりん1/4カップ

砂糖大さじ1

ざらめ糖大さじ1

<作り方> 調理時間20分ほどPT20M / 写真:大2個のところを小4個にしました

1.小鍋にたれのしょうゆ(1/4カップ)、みりん(1/4カップ)、砂糖(大1)、ざらめ糖(大1)を合わせて火にかけ、煮立ったら弱火にして混ぜながらざらめを溶かし、軽くとろみがつくまで3~4分煮詰めます。 レシピ 栗原はるみ

(私は、ざらめ糖がないので砂糖で作りました)

2.鶏の軟骨(50g)は刻んでから細かくたたき、玉ねぎ(1/4個50g)は7~8mm角に切ります。

(私は、軟骨を省きました)


※軟骨入りなので、口の中でプチプチとした食感が広がります

3.ボウルに鶏ひき肉(300g)と軟骨を合わせて混ぜます。さらに酒(大1)、薄力粉(大1)、塩(小1/3)、こしょう(少々)を順に加えてよく練り混ぜ、玉ねぎを加えて混ぜ合わせます。 レシピ 栗原はるみ

4.3の肉だねを2等分して丸く平らにまとめ、フライパンにサラダ油(少々)を熱して入れ焼き色がついたら返し、両面を焼いて中まで火を通します。 レシピ 栗原はるみ

(私は、食べやすく火の通りもはやくしたかったので、4等分しました)


※形はつくねよりずっと大きく焼くので、中はふわふわ

5.器につくねバーグを盛り、1のたれをかけ、好みでわさび、大根おろし、しょうゆ、すだち(各適宜)などを添えて、【照り焼きつくねバーグ】の出来上がり

●栗原はるみさんの『ゆとりの空間』を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓