ホタテとたけのこごはん

レシピ 栗原はるみ2014年5月12日(月)

~たけのこご飯~

栗原はるみさんのサイト『ゆとりの空間』の中から、【ホタテとたけのこごはん】【照り焼きつくねバーグ】を作ってみました。

ホタテ貝を加えてうまみをアップさせた、たけのこごはん。

お弁当には食べやすく小さなおにぎりにすることもオススメしていました。

実際に作ってみました!!

<感想>

たけのこを使っただけで、グッと春らしくなりますね(^_-)-☆

見ただけで「おいしい!」という言葉が出そうです。

栗原はるみさんは、ホタテ貝を使っています。

私は、帆立の水煮缶で作ってみました。

【絶品シューマイ】で少しばかり使って残っていました。

またシューマイを作ろうか?と悩んでいたので、
栗原はるみさんのこの「たけのこご飯」のレシピにチャレンジです。

帆立の水煮缶は、写真では分かりづらいですが、細かく散ってます。

缶汁も炊き上げに加えてみました。

少し帆立の風味も感じられて、水煮缶でも、まぁまぁ良かったのでは・・・と思います。

ちなみに、【絶品シューマイ】は、番組モーニングバード!で紹介されました。

しっとりとして、やわらかい仕上がりのシューマイでこちらもオススメ★
⇒ご参考までに、レシピはこちらです。

 

広告


■■■ 栗原はるみさんの【ホタテとたけのこごはん】レシピ ■■■

<材料> 4人分 

2カップ

ゆでたけのこ小2個(150g)

ホタテ貝大4個(正味300g)

広告

小さじ1/3

しょうがの絞り汁小さじ1/2

薄口しょうゆ大さじ2

大さじ1

みりん大さじ1

少々

だし汁適量

<作り方> 調理時間60分ほどPT60M / 写真:半量

1.米(2カップ)は洗ってザルに上げ、15分くらいおきます。たけのこ(小2個150g)は縦半分に切って柔らかい穂先は5cm長さの縦薄切りに、残りは薄いいちょう切りにします。 レシピ 栗原はるみ

2.ホタテ貝(大4個/正味300g)はワタ部分を取り除き、貝柱は2~3cm大、ひも部分は3~4cm長さに切ってボウルに入れ、塩(小1/3)、しょうがの絞り汁(小1/2)を加えて下味をつけます。

(私は、帆立水煮缶を使用し、塩は省きました)


※ホタテ貝を加えてうまみをアップ!

3.カップに薄口しょうゆ(大2)、酒(大1)、みりん(大1)、そして米と同量の2カップになるようだし汁(適量)を計量し、塩(少々)で味を調えます。

(私は、帆立水煮缶の汁も加えてみました)

4.釜に米を入れ、ホタテ、たけのこの順にのせ、3を注いで炊きます。炊きあがったらさっくりと混ぜて、【ホタテとたけのこごはん】の出来上がり

レシピ 栗原はるみ

レシピ 栗原はるみ※お弁当には、食べやすく小さなおにぎりにすることもオススメ!

●栗原はるみさんの『ゆとりの空間』を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

One Response to “ホタテとたけのこごはん”

  1. 投資の勉強 より:

    とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓