和風チキンと大葉のカツ


2011年9月2日(金)
日テレ

ZIP!

速水もこみちのMOCO’Sキッチン

「鶏肉料理が大好きなご主人に暑くてもおいしく食べられる鶏肉料理を教えて」

という奥様からのリクエストに、速水もこみちさんが大根おろしでさっぱり食べられる【チキンカツ】を作って紹介していました。

中に青シソを挟んで、切り口に変化のある、ちょっと技ありレシピでした。

「鶏もも肉」「むね肉」どちらでもOK!とのことで、私はもこみちさんと同じように鶏もも肉で作りました。

 
右写真を見て分かるように、切り分ける時に肉が離れてしまいます(^_^;)

むね肉なら、切り込みを入れる作り方が、よかったりして・・・とも思いました。

【和風チキンと大葉のカツ】のレシピ・作り方は、続きです。
  ↓  ↓

広告

もこみち流【和風チキンと大葉のカツ】レシピ

<材料>

鶏もも肉・・・1枚
 塩・胡椒・・・各少々
大葉・・・8枚(放送:4~5枚)

小麦粉・・・適量
溶き卵・・・卵(1個)+水(大さじ2)
パン粉・・・適量

揚げ油・・・適量

(A) 
 醤油・・・大さじ3
 砂糖・・・大さじ1/2
 みりん・・・大さじ1
 水・・・1/4カップ
 酒・・・大さじ1
 片栗粉・・・大さじ1

広告

(付け合わせ)
 キャベツ・・・2~3枚
 人参・・・1/4本
 レモン・・・1個(くし型に切る)
 大根おろし・・・1/4本分

<作り方>

1.鶏もも肉は、2等分し切り開きます。両面に塩、コショウをふりなじませます。
(放送:まな板に塩・コショウしその上に鶏肉をのせてました)

※鶏ムネ肉、豚肉でもよい。

2.1枚の鶏肉に大葉(3枚)をのせて、もう1枚の鶏肉をのせて挟みます(皮を外側にして)。

※放送:大葉3枚を挟みました。食べたら、倍でもいいと思いました。


3.2を小麦粉、溶き卵、パン粉の順衣を付け、170度の揚げ油でこんがり揚げます。

4.タレの(A)を合わせて鍋に入れ、弱火にかけ、かき混ぜながらトロリとするまで火を通します。

※タレに片栗粉を加えてとろみのあるタレに仕上げる(濃度は片栗粉の量でお好みによって調整)
※混ぜてから火にかけ、透明感がでるまで混ぜながら火を通すとダマにならない。

5.付け合わせのキャベツ、人参はせん切りして氷水に付け、混ぜて盛り付けの器にのせます。

3を食べやすく切って盛り付け、大葉(1~2枚)、大根おろしをのせ、レモンを添えます。

4のタレを上からたっぷりかければ【和風チキンと大葉のカツ】の出来上がり


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓